☆足場を組んだら1階躯体工事がスタートです

みなさま、こんにちは


本日更新されていた【神田小川町3丁目ビル】の徒歩圏に、

【神田神保町2丁目ビル】も建設しております。

小川町の最寄り駅は「神保町駅」ではないですが、

神保町駅からも行くことが出来ますよ( *´艸`)☆


ogamamatijinnbouchou.png


では、【神田神保町2丁目ビル】の現場の様子をご紹介致します。


遂に地上に上がってきました

前回のスラブ打設が硬化した様子です(*'∀')☆


DSCF1190.JPG


そしてコチラは埋め戻しを行った様子です。

まずは埋め戻し前。


DSCF1314.JPG


そして埋め戻し後。


DSCF1322.JPG


DSCF1330.JPG


埋め戻しは、

地下空間を造るために掘削した部分に土を戻す事です。



この後は、地上の躯体工事が始まります。

足場が組まれました


IMG_5780.JPG


IMG_5776.JPG


現場に組まれる足場は、

トビさんが1つ1つ手作業で組んでいきます。

足場が組まれて行くのはあっという間です(/・ω・)/


DSCF1357.JPG


最後に足場の周りにシートを張って終了です。


DSCF1363.JPG


建物の階数が上がると同時に、

足場もどんどん上に組まれていきますよ


地上1階の躯体工事がスタートです


神田神保町2丁目ビル(契約図) - コピー.jpg

(仮称)神保町2丁目ビル詳細

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

お問合せ

☆コンクリート打設で働く2台の車

みなさま、こんにちは


昨日の祝日に、

座間にあるコストコへ行って来ました(*'∀')

コストコって1つのモノが凄い大きくて、

たくさん入っているので、お得な気がしてしまいます。

あと、ひろーーーーーーーいので、

行くだけでわくわくしますよね。笑



では、工事の様子をご紹介致します。

地下1階の壁と地上1階のスラブへコンクリ打設をしておりました。


IMG_5339.JPG


IMG_5348.JPG


IMG_5359 - コピー.JPG


2台の車によってコンクリート打設を行っています。

1台は、ミキサー車。

荷台に生コンを入れてクルクルと回転させながら、

現場まで運んできてくれます


IMG_5343.JPG


もう一つはポンプ車。

ミキサー車が運んできた生コンを、

ポンプ車へ移し、ポンプの力で打設場所へと圧送してくれます


IMG_5344.JPG


IMG_5345.JPG



ちなみに、

コンクリートは「水・モルタル・セメントなど」が配合されています。


工事003.jpg


生コンを運んでいる間に、

比重が重い材料が下に沈み分離してしまわない為に、

ミキサー車は、

常に荷台を回転させながら生コンを運んでくるのですッ



以上!

地下1階壁と地上1階スラブのコンクリート打設をご紹介しました。

また次回( `ー´)ノ


IMG_5362.JPG

(仮称)神保町2丁目ビル詳細


朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

お問合せ



☆1階スラブ配筋。まずは「梁と柱」から!

みなさま、こんにちは


昨日は一日遅れの豆まきを行いました。

その様子は【社員ブログ】にてご紹介したいと思っております。

是非ごらんください。


IMG_5366.JPG



では、工事の様子をご紹介致します。

地上1階スラブ配筋を行っている様子です。


IMG_5245.jpg


IMG_5246.jpg


スラブ配筋を行うにあたって、

まず配筋されるのが、『梁』の配筋です。

梁や柱は、建物を支える重要な部分となるので、

スラブや壁の鉄筋に比べて太い鉄筋が使われています。


IMG_5233.jpg


IMG_5235.jpg


柱の真ん中に丸く玉になっている部分がありますッ( ゚Д゚)


IMG_5236.jpg


これは、「圧接」を行った跡です。

圧接とは、

熱で鉄筋を溶かし、鉄筋と鉄筋をくっつける作業の事です。

圧接を行う事で、

鉄筋をつなげて伸ばし、建物全体の柱の鉄筋が1本になります。



そして、【前回の日記】では、

「壁配筋」についてご紹介しましたが、

その部分に型枠が設置された状態がコチラです(._.)


IMG_5241.jpg


前回組まれている様子をご紹介した鉄筋は、

しっかりと内側に型枠が設置されていますね(・∀・)

この部分に、コンクリートを流しこんでいくのですッ!


次回、【地下1階あ立ち上がり打設】の様子をご紹介致します。


IMG_5248.jpg


神田神保町2丁目ビル(契約図) - コピー.jpg

(仮称)神保町2丁目ビル詳細


朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

お問合せ

☆地下1階躯体工事「配筋とPコン」

みなさま、こんにちは


本日から、

近くの現場【四谷サンコーマンション】で完成見学会を開催しています!

RC造の建物が気になっている方は、

是非見学会へ行って中を見てみてください( *´艸`)


四谷完成見学会のお知らせ1 - コピー.png




今回ご紹介するのは『地下1階壁配筋』です。


IMG_4745.JPG


IMG_4733.JPG


コンパネを設置し、配筋を行っています。

配筋は二重で配筋する『ダブル配筋』です。


IMG_4740.JPG


IMG_4738.JPG


コンパネにくっついている白い丸物体。


IMG_4739.JPG


これは「Pコン(=プラスチックコーン」と呼ばれるモノです。


写真を拡大します


図1.png


緑の矢印が付いている2つが『Pコン』

そのPコンを突き刺している鉄筋、水色の矢印のが『セパレーター』です。

さらに、型枠の裏側には『フォームタイ』というモノがあります。


この3つの器具で、

コンクリートの圧力で壁の厚さ(コンクリート厚さ)が、

変わらないように、型枠が変形しないようにしてくれます


Pコンとセパレーターは、

コンクリ打設時にはコンクリートの中に埋まってしまいます。

その後、

硬化し型枠を外した時に、

Pコンのみコンクリートから取り外されます('Д')!!!

そこで出来るのが、

みなさまも見たことがある「コンクリートの丸い跡」です


これですね(._.)

IMG_3306.JPG


穴は後にモルタルで埋められますが、

打ちっぱなしの壁になっているところは穴の跡があります(*'∀')☆

それがまた、オシャレに見える事もありますよね



今回の現場日記はここまでにしまぁーす


IMG_4744.JPG


神田神保町2丁目ビル(契約図) - コピー.jpg

(仮称)神保町2丁目ビル詳細


朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

お問合せ

☆いくつもの検査を合格したコンクリートで地下1階スラブコン打設

みなさま、こんにちは


明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。m(__)m


では、さっそく現場の様子をご紹介致しますッ!!!


まずは、

前回の日記で断熱材を敷いた上に、配筋を行います


IMG_4399.JPG


前回コンパネを設置していた壁に、

今度はグレーのシートが貼られておりました。

これの正体は「防水シート」!


IMG_4401.JPG


防水シートを貼る理由は、

地下1階の床と基礎の打ち継ぎ

(=前回打ったコンクリートと次に打つコンクリートの境目)になるので、

水の侵入を防ぐ為、防水シートを貼るらしいです




そしてここからコンクリート打設を行います。

コンクリート打設を行う為に、

打設するコンクリートは検査が行われます(`・ω・´)


IMG_4413.JPG


その1:コンクリートの固さ

筒にコンクリートを入れて、

全部埋まったところで抜き出します。

広がったコンクリートの数値を測り、

既定の数値が出たら「コンクリートの固さ」は合格です


IMG_4410.JPG


IMG_4414.JPG


広がった幅を「フロー」

高さを「スランプ」といいます。


その2:空気量

これも筒にコンクリートを入れていきます。

しっかり詰まったら、

筒を真空にしていき「空気量」を測ります。

既定の数値が出たら「空気量」も合格です


IMG_4438.JPG


IMG_4415.JPG


その3:塩化物量と温度

入れ物に入ったコンクリートに、

機械を突っ込みます。

すると、

つながった先で数値が計測されるので、

既定の数値が出たら「塩化物量と温度」も合格です


IMG_4407.JPG


全て合格が出たら、コンクリート開始です。


コンクリート検査には持ち帰って検査する項目もあります。

それが

その4:コンクリートの強度

緑の筒に同じくコンクリートを入れて、

業者さんが持ち帰ります。


IMG_4423 (2).JPG


1、2日経過しコンクリートが硬化したところで、

緑の筒からコンクリートを取り出し、圧縮をかけます。

コンクリートがどこまで圧縮に耐えれるかを検査し、

既定の数値が出たら「コンクリートの強度」も合格です



IMG_4423.JPG



そして無事、地下1階の打設が終了いたしました(*´▽`*)


DSCF0910.JPG


DSCF0907.JPG



このように、

たくさんの検査を受け合格したコンクリートが、

RC造の建物に使われているのです。

安心・安全。

そして、丈夫で長持ちするRC造の建物です


神田神保町2丁目ビル(契約図) - コピー.jpg

(仮称)神保町2丁目ビル詳細


朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

お問合せ

  >