☆1階立ち上がりコン打設が行われました!



みなさま、こんにちは!!


最近なぜか甘いものを大量摂取したくなります・・・

体が糖分を欲しているのでしょうか(;'∀')

このままじゃODEBUまっしぐら☆です。

気を付けなくては(@_@。笑



ではでは。

現場日記を更新したいと思います(´-ω-`)


今回は「1階立ち上がりコン打設」の様子をご紹介致します



IMG_2608.JPG



生コン車がいない時に写真を撮ってしまいました、、、

絶賛コンクリート打設中でございます!!



IMG_2602.JPG



上にあがると、ほぼ打設が終わるところでした(´Д⊂ヽ

コンクリートが流し込まれたところから職人さんがトンボを使って均しています!!



IMG_2604.JPG



打設後、「押さえ作業」が行われます

「押さえ」とは、鏝によって表面を仕上げることで、「金鏝2回押さえ」といえば

コンクリートの締まり具合を見ながら2回繰り返すこととなります


真冬の場合、コンクリートがなかなか締まらないので、コンクリートの打設完了が遅いと

押さえ終わるのに真夜中まで掛かる場合もあるので大変です(´;ω;`)


金鏝仕上げはコンクリート表面がつるつるになりとても綺麗な仕上がりになります!!



IMG_2605.JPG



そしてこのコンクリートから飛び出ている鉄筋・・・

これは「差し筋」と言い、次回に打設するコンクリートの鉄筋と一体化するために

あらかじめ入れておく鉄筋です(`・ω・´)!!


1階のコンクリートを打設し終わってから、2階の鉄筋を配筋して2階のコンクリートを打設するのですが、

1階の打設面より上に鉄筋が出ていないと、2階に配筋する鉄筋と繋げることが出来ませんよね?


そのための飛び出した鉄筋「差し筋」なのです(。-`ω-)


この差し筋に次階の鉄筋を繋げて配筋が行われます!!

因みに、先端が曲がっているのは危ないから、だそうですよ



以上、工事の様子でした!

次回もよろしくお願いします






賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方


朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ


朝日建設HPへ戻る



☆B1階立ち上がりコン打設から・・・

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

前回から引き続き、現場監督さんから頂いた写真で

工事の様子をご紹介致します(`・ω・´)!!

 

前回は「B1階躯体工事」のご紹介をしました。

今回は少しB1階のコンクリート打設立ち上がり後の1階躯体工事ご紹介をしますshine

 

 

DSCN3370.JPG

 

 

まず、B1階のコンクリート打設です。

 

コンクリートが現場に打設される前に、コンクリートの検査が行われます!!

検査の概要は・・・!

 

1、スランプ検査

生コンクリートの流動性を調べる検査で、流動性が高い生コンクリートほど流し込みの際に

空洞やジャンカが生じにくくなります。

 

2、空気量測定

空気量の「多い」「少ない」でコンクリートの流動性と圧縮強度を判断します。

 

3、塩化物イオン濃度検査

錆びの発生のしやすさを検査します。濃度が高いほど鉄筋が錆びやすくなります。

 

この検査に合格次第コンクリート打設が行われます(´▽`*)

 

 

DSCN3377.JPG

 

 

そして打設完了後・・・

コンクリートが硬化したら墨出しというものが行われ、次階の1階躯体工事が始まりますpaper

 

壁型枠が行われています(=゚ω゚)ノ

 

 

DSCN3402.JPG

 

DSCN3389.JPG

 

 

型枠建込後、壁配筋を行います!!

 

鉄筋を二重にして組んでいきます。

これをダブル配筋といいますよーflair

 

 

DSCN3436.JPG

 

 

そして鉄筋は職人さんが1本1本手作業で組んでいきますgood

 

 

DSCN3437.JPG

 

 

配筋を挟み込むように反対側にも型枠を建て込み、単管パイプを使ってがっちり締固めを行います!!

壁ができたら次は床上げが行われスラブ工事に進みます(´Д⊂ヽ

 

 

以上、工事の様子でした!!

次回もよろしくお願いしますchick

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆B1階躯体工事の様子

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

久しぶりのブログ更新になります。

色々ありまして現場に取材に行けませんでしたので、

現場監督さんにまとめてお写真を頂きました(´Д⊂ヽ

 

頑張って更新していきます!!

 

 

それではpaper

最後に更新したのはB1階の床部分のコンクリート打設の様子でした。

 

今回はその後の工事、B1階の「躯体工事」の様子をご紹介します(*'▽')!!

 

 

こちらは壁の型枠建込、壁配筋が完了し「配筋検査」が行われているところです!!

 

 

DSCN3338.JPG

 

 

設計監理者の立会いのもと図面通りに鉄筋が組まれているのかのチェックをします!!

主な検査内容は・・・

 

one配筋の形状

two鉄筋の径

three配筋の配置

four配筋のレベル(高さ)

five配筋のピッチ(間隔)

 

となっております(`・ω・´)!!

 

検査に合格後、さらに型枠の建込が進んでいきます!

 

 

DSCN3344 - コピー.JPG

 

 

床上げの様子です!!

 

「サポート(型枠支保工)の上に「バタ角」をまたがせ、釘でしっかりと固定します(。-`ω-)

さらにその「バタ角」の上に「角パイプ」が置かれ固定されてから、

スラブにも型枠が建て込まれていきますよ!!!

 

 

DSCN3366.JPG

 

 

そしてスラブの型枠、配筋工事が完了!!

ここでも配筋検査を行います(=゚ω゚)ノ

 

スラブ配筋の検査が終わるとコンクリート打設が行われますshine

 

 

以上、B1階躯体工事の様子でした!

次回もよろしくお願いしますhappy01

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆B1階スラブコンクリート打設が行われました!

 

 

みなさま、こんにちは!

 

今日も暑いですねぇ

今週いっぱいは暑い日が続くみたいですね・・・

 

暑さ対策、体調管理しっかりしましょうdespair

 

 

それでは、工事の様子をご紹介しますnote

 

 

IMG_9428.JPG

 

 

現場の前には生コン車とポンプ車!!

B1階のスラブコンクリート打設が始まります(*'▽')ノ

 

 

IMG_2147.JPG

 

 

打設をした部分からトンボを使い大まかに均していくのですが、

コンクリートには既定の厚さがあります。

 

そのコンクリートの厚さを確認するためにレーザーレベルというものが使われますrock

 

 

IMG_9439.JPG

 

 

一番右側にいる職人さんがもっている棒にレーザーレベルからのレーザーに反応する

受光器が付いていて、既定の厚さになると音で知らせてくれるのです!!

 

下写真の黄色いものがレーザーレベルです(`・ω・´)!!

 

 

IMG_2145.JPG

 

 

どんどん打設が進んでいきます・・・・eye

 

 

IMG_94300.JPG

 

DSCN3302.JPG

 

 

打設完了後金鏝仕上げが行われます(*‘ω‘ *)

表面がつるつるした綺麗な仕上がりになるんですよー

 

 

IMG_0825.JPG

 

 

硬化後に墨出しが行われます!!

 

 

以上、工事の様子でした。

次回もよろしくお願いしますーpig

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆B1階スラブ工事中。。。

 

 

みなさま、こんにちは('ω')

 

最近朝晩と結構涼しくなってきましたね!!

暑いのが苦手な私には快適ですcatface

 

まあ寒すぎるのも嫌ですけど・・・

暑いのよりはましですね笑

 

 

ではでは、現場日記を更新したいと思います!!

 

 

IMG_2110.JPG

 

 

先月に基礎コン打設を行った当現場。

工事の様子をご紹介します!!

 

こちら基礎コン打設が完了した後のお写真ですeye

 

 

DSCN3276.JPG

 

 

前回ちらっとこの部分が「ピット」と呼ばれる排水などの設備配管が設置される

地下空間だと紹介しました!!

 

その部分に穴が開いているのがみえますか?

これは「人通口」でメンテナンス時に人が通れるようになっているのですよっ(*‘ω‘ *)

 

 

工事は進み。。。。。

B1階のスラブ工事が行われていました(*'▽')!!

 

 

IMG_2104.JPG

 

IMG_2109.JPG

 

 

型枠材の「コンクリートパネル」通称 コンパネ を敷いているところです!!

 

基礎型枠工事に使われていた型枠材と同じものを使用していますflair

 

コンパネの片面には剥離剤が塗ってある為、表面がつるつるしており、

コンクリートが硬化した後型枠を剥がしやすく、何度か転用する事が出来ます(。-`ω-)

 

 

IMG_2105.JPG

 

 

コンパネを敷き終わった後上写真の断熱材を敷き込みますrock

 

断熱材はその場で職人さんがカットしてサイズを合わせて敷いていきますよーー

 

 

IMG_2108.JPG

 

 

この断熱材が敷かれた後、スラブ配筋が行われます!!  

 

 

以上、工事の様子でした!

次回もよろしくお願いします^^

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

  >