☆3階立上がりコン打設の様子


みなさま、こんにちは!!


この間ハロウィンが終わり、

もうお店などではクリスマスグッズが売っていますね・・・

早い・・・笑



ではでは、現場日記を更新したいと思います



IMG_2585.JPG



前回、躯体工事の様子をご紹介しました当現場。

今回はコンクリート打設の様子と内装工事の様子をご紹介したいと思います(∩´∀`)∩



IMG_2580.JPG



取材に行った時にはすでに打設が始まっていて、

あと生コン車数台で終わるよーーというところでした


なにやら打設したところに職人さんが棒?を立てていますね・・・



IMG_2582.JPG



打設をした部分からトンボを使い大まかに均していくのですが、

コンクリートには既定の厚さがあります。


そのコンクリートの厚さを確認するために「レーザーレベル」が使われるのです(。-`ω-)



IMG_2574 - コピー.JPG



左側にいる職人さんがもっている棒にレーザーレベルからのレーザーに反応する

受光器が付いていて、既定の厚さになるとピピピピーーっと音で知らせてくれるのです!!


上写真のオレンジ色の丸で囲った黄色いものが「レーザーレベル」です(`・ω・´)!!



IMG_2572.JPG



レーザーレベルでコンクリートの厚みを確認した部分をトンボで均していきます!!



そして、1階の様子です

内装工事が進んでいました!



IMG_2569.JPG



転がし配管が完了したあと、ユニットバスが設置されていました!!

そして床下工事に続き、「際根太(きわねだ)というものが設置がされました(´Д⊂ヽ


際に設置されている、木材が際根太です


このように際根太を設けておくと、

壁際での床材の沈み込みを防ぐことが出来るのです


ちなみに、際根太を支えているのは「束(つか)といい、

ボンドでくっつけ、均等に並べてあるのです(=゚ω゚)ノ



IMG_2570.JPG



その上からパーティクルボードを張っていきます。

二重床となり、床下の配管が見えなくなります( ゚Д゚)この工事を「置床工事」と言います!!


二重床にすることで、音の振動を伝わりにくくする他、保温性にも期待ができるのです



以上、コンクリート打設の様子と内装工事の様子でした!!

次回もよろしくお願いしますー






賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方


朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ


朝日建設HPへ戻る




朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!