*スラブ配筋を行なっていました

皆さまこんにちは(^O^)

 

 

台風が近づいています・・・。

風が強いですものね・・・typhoon飛ばされないと思いますが(笑)

 

明日も現場取材に行くので、雨は降らないで欲しいですorz

 

 

そんな本日、新石川の現場に行ってきましたrunrun

 

P1000822.JPG

 

 

 

前回のブログで、

基礎配筋の様子をご紹介いたしました____pencil

 

P1000747.JPG

 

 

 

この後、配筋を挟むようにして

基礎の型枠を建て込んでいきましたshine

 

そして本日、現場に行ったところ。スラブの配筋が行われていました(・Д・)

1階の床をつくっていますーーー。

 

P1000821.JPG

 

 

 

配筋の下、よく見ると白いものが敷かれているように見えますね。

これは断熱材(保温材)なんですchick

 

スタイロフォームといって、

加工がしやすく、圧縮する強さに優れており、とても丈夫な物なのであります(^-^)

 

dfvjねfwぐいさわ.JPG

 

 

 

さらに、スタイロフォームと鉄筋の間には

このようなものが等間隔に置かれています・・・run

 

これはスペーサーといって、かぶり厚さを確保する為のものになります。

 

P1000774.JPG

 

 

かぶり厚さとは、

鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことをいいますpen

 

これを充分に確保できていないと、設計通りの強度を得られない建物になってしまいます。

また、組んだ鉄筋がズレないように固定している役割も

 

 

このようにスラブ配筋進んでいき、次はコンクリート打設となりますpaper

 

その様子はまた次回にお伝えできたらと(・∀・)

 

 

以上!

今回はここまでになりますーchick

 

次回もよろしくどうぞ(*´∀`*)

  

 

 

- - キ リ ト リ hairsalon - - -

 

横浜市青葉区にて新築賃貸マンション建設中です(^-^)

間取は 1K・23戸

 

田園都市線「鷺沼」駅から歩いて約15程ですよーぅ。

 

1227 hp.jpg

 

 

見学会情報はこちら

朝日建設のHP