2018年9月アーカイブ

☆基礎型枠建込工事

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

今日はスッキリとしたお天気ですね(*^_^*)

蒸し暑くない・・・少し肌寒いですけど。笑

 

季節の変わり目ですので体調崩さないように

気をつけましょうっ!

 

syabondama.jpg

 

 

それでは!

現場の工事の様子をご紹介致します(^○^)ノ

 

IMG_4722.JPG

 

こちらは基礎型枠工事の様子です!

組んだ鉄筋に沿って、型枠を設置していく作業ですよー)^o^(

 

使用している型枠(黄色の板)はコンクリートパネルです!

剥離剤が塗ってある為、表面がつるつるしていますgood

 

剥離剤が塗ってあるので型枠が剥がしやすく、何度か転用する事が出来ます!!

 

DSCF9358.JPG

 

型枠の建込工事が終わり、スラブ配筋が行われました!!

 

スラブとは、下階の天井・上階の床になる構造体の事を言います。

今回コンクリートを打設する部分は1階の床部分になります(・-・〆)

 

DSCF9360.JPG

 

コンクリート打設の際には、コンクリート検査というものも行いますconfident

現場にコンクリートが運ばれてきたら、すぐに品質を検査します。

 

DSCF9363.JPG

 

生コンが硬すぎず、柔らかすぎない、

ちょうどいい柔らかさになっているかをチェックします!!

 

コンクリート中にふくまれる空気の量を測ったり、

塩化物イオンの濃さを測ったりする検査も行いますsearch

 

 

では、打設状況ですpaper

 

DSCF9371.JPG

 

ポンプ車から伸びた長いホースからコンクリートが流し込まれていきますrun

打設した部分から大まかにトンボを使って均していきますよ(゜_゜>)

 

DSCF9373.JPG

 

DSCF9376.JPG

 

打設完了です!!!

 

打設が完了し、コンクリート硬化後、原寸の設計図を現場に描く墨出しという作業が

行われ、1階の躯体工事が始まりますhappy01

 

 

今回の現場日記は以上になりますtulip

 


 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

☆耐圧版コンクリートを打設の様子

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

本日はとても暑いですね、、、

でも、月曜日からお天気が崩れるそうですbearing

 

秋がやってきたのでしょうか!?

そろそろ羽織るものが必要になってきそうですねmaple

 

kouyou_cat.jpg

 

 

前回、「基礎配筋」の様子をご紹介したと思いますpaper

 

IMG_5192.JPG

 

前回のブログ

 

今回は、前回のブログで予告した通り「耐圧版コンクリート」の打設の様子をご紹介しますcatface

 

IMG_5308.JPG

 

現場前にはポンプ車が!!

その後ろに生コン車が来ました(゜_゜>)

 

コンクリートは生コン車から直接流し込まれるのではなくて、

生コンをポンプ車にうつし、ポンプ車から打設する部分に圧送されます(・-・〆)

 

IMG_5311.JPG

 

このように、、生コンを流し入れます、、、

 

IMG_5315.JPG

 

この間打設した捨コンはあくまでも強度を出すものではなく、

基礎を組むために水平な床を作るものでしたpaper

 

 

今回打設した耐圧版コンクリートとは、

建物の全荷重を底面全体に分散させる為のものですdash

 

建物から土へは、建物の重さがかかります。

逆に土から建物へは、重さに反発する力(反力)、建物を支えようとする力がかかります。

重さと支える力がつり合って、建物は地面にめり込まずに静止します!!

 

土の「圧」力に「耐」える「版」(スラブ)だから耐圧版なのです(ー_ー)!!

 

IMG_5316.JPG

 

IMG_5319.JPG

 

打設の厚さは捨コンの時よりも厚く打設しますよっflair

 

IMG_5322.JPG

 

打設が完了し、コンクリートが硬化したら次の工程に進んでいきます(*^_^*)

 

以上、耐圧版コンクリート打設の様子でした!

次回もよろしくお願いしますpenguin

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら