☆3階躯体工事

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

寒さにやられて風邪をひいていましたが、

ちゃんと治りました)^o^(

 

2週間ほど風邪の症状がよくならずかなり苦しみました。笑

 

風邪予防はしっかりしなきゃなと、

改めて思いましたcoldsweats01

 

1032295.jpg

 

 

それでは、現場日記を更新したいと思いますpaper

前回、2階立ち上がりコン打設までの様子をご紹介しました!

 

IMG_3683.JPG

 

コンクリートが硬化し、墨出しが行われた後。

3階躯体工事が始まっています(*^^)

 

IMG_3762.JPG

 

コンパネを使って型枠を建て込み、壁配筋を行っていきます!

 

型枠材はただ立てているだけでは、コンクリートを打設した時に

重みで崩壊してしまうので固定をしますwrench

 

 

その型枠を固定する役目をするものがこちら・・・

 

chickセパレーター

通称「セパ」といわれています。

セパレーターは丸い棒状のもので、その両サイドにはネジが切ってあります。

コンクリートの壁の厚さに応じて、セパレーターの棒の長さを選びます。

 

Img0022.JPG

 

 

chickPコン

プラスチックカバーの中が、セパレーターが入るネジになっています。

セパレーターの両端で型枠が内側に入り込んでコンクリート壁の厚さが

変わってしまわないようにするものです。

 

product2.jpg

 

 

chickフォームタイ

Pコンにねじ込む用のネジが付いています。

鶴嘴のような形状になっています。

この箇所に単管パイプを通し、専用の金具で締め付けます。

 

うぇふぁ「@げfr.JPG

 

 

型枠となるコンパネをセパレーターとPコンの間に挟み、

コンパネの両側からフォームタイナットで締め付けて固定をするのです(^◇^)

 
 

打設後、セパレーターはコンクリート内に残りますが、

Pコンとフォームタイは回収し繰り返し使用する事が出来ますshine

 

IMG_3764.JPG

 

フォームタイには単管パイプが通されます!(^^)!

これで締固めを行い、固定をしているんですよっrock

 

 

IMG_3767.JPG

 

今回の現場日記は以上になります!!

次回もよろしくお願いしますconfident

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら

 

☆2階立ち上がりコン打設

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

昨日からやっと天気良くなりましたね・・・

連日の寒さやらなんやらで見事に風邪をひきまして(*_*;

 

熱、鼻、咳。風邪をコンプリート致しました。笑

しっかり治したいと思いますdespair

 

 

 

ではでは、現場日記を更新したいと思います(^∇^*)/

 

前回はスタットボードの建込の様子をご紹介しました!!

断熱材型枠の2つの役割をしているアレです。(ー_ー)!!

 

IMG_3341.JPG

 

そして工事は進み・・・

3階の床つくりです(・。・;

 

IMG_3691 - コピー (3).JPG

 

画像に小さく文字が入っていると思います、、、

 

サポート(型枠支保工)の上にバタ角をまたがせ、

釘でしっかりと固定しますrock

 

さらにバタ角の上に単管パイプが置かれ固定されてから、

スラブにも型枠が建て込まれていきます(*^^)v

 

IMG_3687.JPG

 

型枠、スタットボードの建込が終わり、スラブ配筋が完了しました!

いよいよコンクリ打設を行っていきますpaper

 

IMG_0774.JPG

 

生コン車とポンプ車が来ていましたー(`´)

 

IMG_3685.JPG

 

コンクリートは振動を与えながら打設していきます。

 

振動を与えることで、コンクリートを隅々まで行き渡り

かつ余分な空気や水分を出すことも出来ます(^○^)

 

IMG_3683.JPG

 

打設が終了し、コンクリート硬化後に型枠を外しますよflair

 

 

以上、2階立ち上がりコン打設までの様子でした!

次回もよろしくお願いしますtulip

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら

 

☆2階躯体工事始まりました

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

今朝は嵐のような雨でしたね・・・(・。・;

明日からは徐々に暖かくなるそうですねーsun

 

洗濯物もちゃんと乾きそうで嬉しいです。笑

 

878873.jpg

 

 

それでは!現場日記を更新したいと思います(^o^)ノ

 

前回は・・・

1階立ち上がりコン打設」の様子をご紹介しました!!

 

IMG_3163.JPG

 

今回は型枠建込の様子をご紹介致しますpunch

 

IMG_3336.JPG

 

こちらは現在の外観になります、、

2階躯体工事が始まっているので少しシートが上がっていますねhappy01

 

当物件は10階建になりますのでどんどん高くなっていきますよ・・・汗

 

IMG_3466.JPG

 

まず、1階躯体工事と同様に

建物の外側や部屋の外側などはコンパネを使い、

部屋に面している壁の型枠は下写真のスタットボードというものを使用しますshine

 

IMG_3339.JPG

 

IMG_3341.JPG

 

スタットボードは、断熱材型枠の2つの役目を果たします!

この2つの役目を果たすことで、

 

diamond工期を短縮する事ができる(解体工程がなくなり内装下地材工事が不要の為)

diamondコストダウンができる(工期短縮、型枠材不要、内装下地材不要、断熱工事不要の為)

diamond環境に優しい(施工後の廃材が発生しない)

 

というメリットがありますflair

 

IMG_3344.JPG

 

このようにコンパネとスタットボードで壁配筋を挟むように

建て込みます(`´)

 

IMG_3448.JPG

 

建込完了です。。。

 

以上、スタットボード建込の様子でした!

次回もどうぞよろしくお願いしますclover

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら

 

☆1階立ち上がりコン打設の様子

 

 

みなさま、こんにちはsun

 

最近お天気が悪いですよね・・・

でも!!週末はとってもいいお天気だそうですよーー(^○^)

 

良いお出かけ日和になりそうですねrvcardash

 

 

ではでは、先日現場取材に行ってきましたので

その時の工事の様子をご紹介したいと思います(^^ゞ

 

 

前回、「2階スラブ工事」のご紹介をしました。。

梁配筋の様子鉄筋の圧接の様子でしたね!

 

IMG_3091.JPG

 

断熱材の敷き込み、スラブ配筋が完了し

今回は1階立ち上がりコンのご紹介になります(^o^)ノ

 

IMG_3164.JPG

 

IMG_3148.JPG

 

足場を上がっていくと絶賛打設中で、半分程打ち終わっていました(゜_゜>)

 

IMG_3160.JPG

 

打設した部分をトンボで均していきます!!

 

職人さんの右後ろに見える四角い部分分かりますでしょうか!?

少しアップに・・・eye

 

IMG_3152.JPG

 

こちらは、「ダメ穴」と言って

上下階にて、資材をやり取りするために設けている穴です!!

 

使用後はしっかりとコンクリートで塞ぎ、万一に備えて防水処理も施されますよcatface

 

IMG_3163.JPG

 

打設完了です!!

これから2階躯体工事が進んでいきますようrock

 


 

仮囲いの前で何やら作業をしている方が・・・

 

IMG_3112.JPG

 

あのシルエットは・・・・

やるぞうくん・・・??

 

 

IMG_3111.JPG

 

やるぞうくんが現れました!!!

 

 

IMG_3110.JPG

 

ASAHIの文字も入り完璧ですshineshine

こうやってはられるんですね・・・面白い(ー_ー)!!

 

以上、現場日記でした!!

次回もよろしくお願いしますpig

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら

 

☆2階スラブ工事の様子

 

みなさま、こんにちは!!

 

昨日は本当に寒かったですね・・・

今日は晴れ間が見えて良かったです(*^^)

 

暑かったり、寒かったりまだ温度差がありますので

体調管理に気を付けたいですね!

 

10799998515.jpg

 

 

では、昨日現場に行って参りましたので現場日記を更新したいと思います(*^^)

 

 

前回、「1階の壁配筋」のご紹介をしました!

型枠の建込と壁配筋の様子ですね(・。・

 

IMG_2876.JPG

 

工事は進みに進み・・・

2階のスラブ工事を行っていました(・。・;

 

こちらは「梁配筋」の様子です!

 

IMG_3091.JPG

 

梁配筋をする時、梁型枠の中では狭くて鉄筋が組めないので、

上部の広いスペースで鉄筋を組むことになりますconfident

 

その際に使うものが、「ウマ」というもので

鉄筋の両側に設置し支えの棒を通して配筋作業を行うのですflair

 

IMG_3095.JPG

 

配筋が完了したら支えの棒を引き抜き、型枠の中に落とし込みますrock

この作業を「梁落とし」と言います(^o^)ノ

 

IMG_3088.JPG

 

端のほうで強面(に見える)職人さんがバチバチなにか作業をしています・・・

こちらは鉄筋をガスで圧接しているところです!!

 

鉄筋の継手の一種で、

鉄筋同士を加熱しながら圧力を加えガスバーナーで接合していきますimpact

 

IMG_3100.JPG

 

接合部分はこのようにぷっくりと丸くなりますshine

 

このぷっくり丸い部分にも決まりがあります・・・

 

?鉄筋の直径の1.4倍以上

?ふくらみの長さが1.1倍以上のなだらかな形状

 

といった形でないといけませんbearing

また、鉄筋中心軸の偏心や折れ曲がりがないかもチェックしますpaper

 

細かい規定があるんですねsweat01

 

 

以上!工事の様子でしたcatface

次回はコンクリート打設の様子をご紹介する予定です!

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら

 

  >