☆完成したら見えない部分を覗き見!内装工事01

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

本日はお知らせからflair

 

1617に当現場にて

構造見学会を開催致しますsign03

 

2018061617.PNG

 

場所:東京都新宿区四谷4ー21ー8【MAP】

開催時間:10:30から16:00

 

構造見学会は、建設中の建物内の見学ができる貴重な機会になりますflair

ご入居をお考えのお客様はもちろんのこと、

近隣の方、これからマンション経営をお考えになられている方、

是非この機会に弊社の作っている建物をご覧になって頂きたいと思いますhappy01

 

それでは、現場の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_2041.JPG

 

前回、上棟致しました当現場。

今回のブログより下階の内装工事の様子を中心にご紹介したいと思います!!

 

IMG_1650.JPG

 

LGSでの間仕切りが完了すると、以前、転がし配管をご紹介したときに

チラリと登場した置床工事が行われますflair

 

IMG_1653.JPG

 

こちら、フローリングの下に敷かれる床材(パーティクルボード)と

それを端で支える際根太になりますpaper

際根太は壁際や端に設置するもので、この上に敷かれる床材の端の沈みを防いでいますflair

 

しかし、際根太だけではボードは支えきれません。際根太はいわばサポート役。

床材自体を支えているのは支持脚というものになりますflair

 

IMG_1730.JPG

 

支持脚にはゴムがついていて衝撃を吸収するほか、

空間を作ることにより、保温性や防音性を生み出し、

下階への騒音を軽減するといった効果がありますflair

 

IMG_1651.JPG

 

そして転がし配管も無事に床下へ隠れました!!

 

置床工事が完了すると、続いて天井・壁の工事が始まります。

 

IMG_1759.JPG

 

職人さんが切り分けているのが今回、壁・天井に使用する石膏ボードになりますflair

 

その名の通り、石膏を主成分とした素材を板状にし、

特殊な厚みのある紙で包んだものになります。

石膏は結晶水を含んでいて炎や熱に晒されると、

この水が蒸気として空気中に放出されるのに伴って熱を吸収します。

 

そのため、耐火性や防火性がある他、遮音・断熱性能も備えていますflair

 

IMG_1757.JPG

 

ビスでボードをLGSに貼っていくと

このように一気に完成形になっていきます(`•ω•´@)

 

では、今回の現場日記は以上になります(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

defwfHP.jpg

2018年7月完成予定

 

地上4階建

1R 3世帯

1K 7世帯

 


 

buildingお知らせbuilding

 

当物件の管理会社様が決定いたしました

家賃等に関しましては下記にお問い合わせください。

 

(株)ウインハウジング

telephone 03-3353-3456

 


 

朝日HP

イベント・見学会情報

現場日記一覧

 

くわしいお問い合わせはこちら


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!