☆「クッションフロア」と「フロアタイル」は同じもの?別物?

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

突然ですが、

「クッションフロア」

「フロアタイル」

この2つの違いが何かご存知でしょうか??

はたまた、同じもの?または別物?

 

girl_question.png

 

 

 

 

答えは、両者塩化ビニル系素材ですが少し異なる物になります。

どちらも木材や石材の質感を印刷したものをエンボス加工することで

本物のように模造したものになります。

 

では、それぞれの性質を見ていきましょうeye

 

まずは、「クッションフロア」

 

クッションフロアは厚みが約1.8mm前後でクッション性があります。

また、床材の中でも一番安価です。

ロール状で販売されているため、工事の際は床の形状に合わせ

カットして施工します。

そのため、傷が付いた場合は全面張替えとなります。

継ぎ目が少ない為、耐水性に優れていますが柔らかさがあるため

重い家具を置くとクッションが潰れ跡が残る場合があります。

 

 

「フロアタイル」

 

フロアタイルは厚みが約2.5mm前後で硬さがあります。

フロアタイルもクッションフロアほどではありませんが、

フローリングに比べると安価なものになります。

ロアタイルはピース状なので、一枚ずつパズルのように貼り合わせていきます。

傷がついた場合ではその部分のみの交換が可能です

カッターで簡単に切れるので、プチリフォームには最適ですが、

繋ぎ目が増えるため水が浸入する可能性もあります。

ただし、硬さがあるため傷が付きにくく丈夫という利点があります。

 

 

それぞれに、メリット・デメリットがありますので

使用する際は使う場所によって使い分けるのがおススメですwink

 

ぜひDIYやプチリフォームの参考にしてみてくださいnote

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!