☆室内干しのメリット・デメリット

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

最近、天気が悪い日が多いですよね・・・

天気が悪いと洗濯物、乾きませんよね(-_-;)

 

そういう時は室内干し、、

室内干しって聞くとあんまり良くないイメージを持ってしまいますよね。

 

 

e5c3d94bef0cafdb24e41e815a0bb462_s.jpg

 

 

ですが、室内干しというのはごく一般化してきていて、

洗濯のスタンダードになってきているのですgood

 

ある調査によると「日常的に室内干しを行う」といった人はここ10年でなんと7倍まで増えたそう!!

 

全体の割合でいうと日常的に洗濯物を室内に干している人は、

年代に関係なく全体の約3割に上ることがわかっているそうです。

 

 

84027298c591b1c6296bffde97994922_s.jpg

 

 

☆部屋干しのメリット☆

 

・天気、天候を気にしなくて良い

急な雨や洗濯物がぬれてしまったり、強風で飛ばされてしまったり、外干しは天気の影響を受けやすいもの。。。

室内干しなら、にわか雨が降っても、帰宅時間が遅くなっても、洗濯物のことを心配する必要がありませんshine

 

・花粉やホコリ、PM2.5などの対策

外干しをすると、目に見えないホコリや花粉が洗濯物に付着することがあります。

ぬれた衣服は付着しやすいので、洗濯した直後に汚れてしまうことも少なくありませんcrying

 

・防犯対策

外に干さないため、盗られる心配がありません!

 

・衣類が変色しない

色あせは紫外線だけではなく、車の排気ガスでも変色する可能性があるんです(>_<)

お気に入りの衣類は、部屋干しがおすすめですrock

 

 

☆室内干しのデメリット☆

 

・乾きにくい

できるだけ風通しがよく、日の当たる部屋に干したとしても

外干しよりは乾くのが遅くなってしまいます・・・

 

・嫌な臭いがする

洗濯物の乾くまでに時間がかかった場合に、

生乾き臭が発生してしまうのですsad

 

・日光による殺菌効果が下がる

日当たりのよい部屋に干しても、天日干しするよりは殺菌効果は下がりますsweat01

 

 

d4e2332298297f7be6f257a2af7f5239_s.jpg

 

 

それでは、洗濯物を早く乾かすにはどうすればいいのかをお教えしますflair

 

洗濯物を早く乾かすには一般的に、

 

・エアコンや除湿機、扇風機など洗濯物が乾きやすくなるための環境を整える

・干し方を工夫する(アーチ干し)

・風が当たるように工夫する

 

といった対処法があります(゜_゜>)

 

 

風が当たるようにする工夫としては一般的に洗濯物を風の通り道に置いたり、

洗濯物のあいだにこぶし大の間隔を開けゆったりと干す、タオルなどは風が当たる面積を増やすため

折り返しの位置を変更することによって風の通り道を作る、などがありますnotes

 

洗濯物を干す時はカーテンレールや、お部屋の端などが多くなりがちですが、

風の抜けを意識した、お部屋の中央や鴨居、空気の通りの良い廊下などに干すとより乾きが早くなります(^○^)ノ

 

その際にピンチハンガーなどを活用すると良いですよーー(・-・〆)

 

 

201-031_1L.jpg

 

 

以上、室内干しのメリットとデメリットでしたt-shirtdenim

 

 

社員ブログ

朝日建設HP

 


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!