☆気を付けたいカフェイン中毒

みなさま、こんにちはsun

 

だんだん肌寒くなってきて、

アイスコーヒーからホットコーヒーに替わる季節なのではないでしょうか?

コーヒー。

おいしいですよね。

っま、私はカフェオレの方が好きなんですが。。。。笑

 

2018.10.306.jpg

 

 

ご存じだとは思いますが、

コーヒーには「カフェイン」が入っておりますcafe

カフェインには、

*記憶力の向上

*運動の持続力工場

*疲労回復作用   など様々な効果が期待できるモノです。

 

2018.10.302.jpg

 

 

しかし、

近年増加してきているのが「カフェイン中毒」

カフェインを過剰摂取することで、

薬物ほど深刻ではないですが、

精神疾患として認められている「カフェイン依存症」になってしまうらしいですshock

 

カフェイン中毒の症状には、

*落着きがなくなる

*不安感

*不眠

*胃痛

*吐き気

*心拍数の増加  などの症状がみられると言われています。

 

カフェインは、

「コーヒー」だけではなく「エナジードリンク」「緑茶」「紅茶」など、

さまざまなモノに入っていますが、

それぞれカフェインの入っている量は異なっていますsign01

 

2018.10.301.jpg

 

 

カフェイン中毒になってしまうためには、

一般的に

「普通の成人で三時間以内に、

17ミリグラム/キログラム以上」の量カフェインを摂取すると、

ほぼ100パーセントで中毒症状が出ると言われていますcafecafecafe

 

缶コーヒーで例えると、

1時間で3本以上飲むと300ミリグラム摂取してしまうことになります。

 

publicdomainq-0000521ees.jpg

 

 

ここでsign01「カフェイン依存度チェック」sign03

カフェインを摂取しない時に現れる症状にチェックをしてみてください。

・頭痛が起こる

・体がだるい

・頭がぼんやりする

・不安になったり気分が落ち込んだりする

・嘔吐が起こる

・集中力がなくなる

・眠気

 

いかがでしたでしょうか?

1つでも当てはまるようであれば、

少しずつ、カフェインの摂取量を減らしてみる必要がありそうですよ(>_<)

 

 

コーヒー好きには、

悲しいお知らせですが中毒になる前に、対処していきましょう(@^^)/~~~

 

コーヒーが冷めないうちに%E3%80%80代表カット.jpg

 

 

朝日建設HP

社員ブログ

戸建ブログ

 


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!