☆ジャーキングとは・・・?

 

 

みなさま、こんにちは(^0_0^)

 

みなさまは寝ている時、不意に身体がビクッと跳ねるような

経験をした事がある方は多いと思いますthink

 

寝ピクなんて呼ばれていることもありますが、

これには「ジャーキング」という正式名称があります(・-・〆)

 

 

27af6729bd9360e715c414767909d5b7_s.jpg

 

 

ジャーキングは無理な体勢やストレスが原因で起こりますflair

 

ぐっすり眠っている夜の睡眠時だけではなく、うたたねやお昼寝のときにも。。。

 

ジャーキングは身体の筋肉が痙攣して起きる現象で、主に睡眠が浅いときに起こりがちです。

(筋肉が緊張したまま眠っていたり、脳が上手く休めていないときなどなど・・・)

 

睡眠と覚醒のはざまで脳がおかしな命令を出して筋肉がビクッと痙攣してしまうのです(-_-;)

 

 

0a25dac22cf84f9ab0845f88f8ac625c_s.jpg

 

 

ジャーキングを予防する方法は、

 

fullmoon眠るならなるべくリラックスした体勢で。

 

なるべく睡眠に適した体勢で眠ると良いです。

少しの間のうたたねでも、仮眠室を使ったりベンチに横になるなどして眠りやすい体勢に!

もし横になれるような状況ではない場合は、

襟やベルトを緩めるなどして服装の締め付けを軽減するのがおすすめ◎

夜のジャーキングを防ぐには、枕の高さを合わせたり寝具を季節に合った快適なものにするなどしましょう。

 

 

fullmoonストレスを軽減して心もリラックスさせる。

 

身体だけではなく、心のストレスもジャーキングを誘発してしまいます。

眠る前にホットドリンクを飲むなど、心を穏やかにした状態で眠りにつきましょう。

また、アロマオイルを使うのもおすすめ◎

眠っている最中もアロマの香りがあれば、身体と心がリラックスした状態をつくりだすことができます。

ストレスの抑制には、ラベンダーやイランイラン、レモングラス などのアロマオイルが効果的です(^_-)-☆

 

 

11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s.jpg

 

 

寝ている時に「ビクッ」となるだけと軽視されていますが、

ジャーキングは無意識に身体が動く大変危険な現象です(-_-;)

 

ベッドからの転落や周囲の物に身体をぶつける打撲の可能性もなくはないですし、

せっかく眠っていてもジャーキングが起きるたびに目を覚ましていれば、睡眠不足にもcoldsweats02

 

しっかり予防策を練ってジャーキングを防いでいきましょう!!

 

 

社員ブログ

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!