☆ブルーライトから目を守るためには・・・

 

みなさま、こんにちは!!

 

今朝は雨がちらついていてとても寒かったのに・・・

お昼頃からものすごいいいお天気になりましたね(ー_ー)!!

 

気温差が激しくて体調を崩しそうですdespair

 

気張っていきましょーー

 

 

s512_choju48_0014_9.png

 

 

それでは、本題です。

 

私たちは1日の多くの時間、ブルーライトの光を浴びています。

 

ブルーライトは、目や睡眠に影響を及ぼす事で知られていますが、

実はそのダメージはみなさまが思っているよりももっと深刻かもしれません(;O;)

 

今回は、最悪の場合には失明するといった話しも伝わっている今、

ブルーライトに関する正しい知識と、影響を抑える対処法をご紹介致しますhappy02

 

 

gahag-0078369154-1.jpg

 

 

●そもそもブルーライトとは?●

 

 

20180514_bluelight_001.jpg

※出典:https://takeda-kenko.jp/yakuhou/feature/bluelight/vol01.html

 

 

ブルーライトは、自然界にも存在する波長が短く強い光のことですflair

 

ブルーライトは悪者扱いされることが多いのですが、

ブルーライトがなければ青いものが青く見えない訳で、例えば空が青いのは太陽光線にブルーライトが含まれているためです!

 

決して不必要なものではないのですが、、、

至近距離で見る事によって生じるデメリットがクローズアップされてしまうのですsad

 

 

今、危ないと言われる「ブルーライト」は、

主に液晶画面から発せられる波長の短い=青く見える光の事を指しますpencil

 

青い光は、液晶画面だけでなく太陽光にも含まれますし、照明やテレビ画面からも発せられていますが、

問題なのはスマホやタブレットなど、至近距離で見る事の多い液晶画面から発せられるブルーライトで、

人体に与えるダメージが大きいという事で問題になっているのです(*_*;

 

液晶画面の中ではLEDが発光していますが、実はこのLEDこそが液晶画面にブルーライトが多い主要因になっていますsweat01

 

 

gahag-0069696577-1.jpg

 

 

●ブルーライトの「目」への影響は?●

 

 

20180514_bluelight_002.jpg

※出典:https://takeda-kenko.jp/yakuhou/feature/bluelight/vol01.html

 

 

ブルーライトの影響を最も受けやすいのは「目」です。

 

白色の光は、太陽光では様々な色が交じり合って白く見えていますし、

蛍光灯の白色は人工的にの光を重ねて白く見せていますpaper

 

しかしLEDはの光だけで白色を作り出すため、エネルギーの大きい青色の光の割合が多いため、

他の光源に比べて目のダメージが大きくなりがちなのです(・ε・`;A)

 

ダメージの大きな青い光が多いスマホやタブレット等を、

至近距離から見るためさらにダメージを増幅させてしまう傾向があり、

同じLEDから発せられるブルーライトでもより大きなダメージとなってしまいますwobbly

 

 

また目の疲れという面で言えば、波長の短い光であるブルーライトは散乱しやすい特性を持っており、

それがスマホなどにの画面の眩しさや、表示の滲みに繋がりますsweat02

 

目はこの滲んだ表示にピントをあわせようとをしっかり見ようと

何度もピント調節を繰り返すため、目の疲労も大きなものになりがちです。。。

 

さらに、液晶画面を凝視する事で「まばたき」が減り、角膜の乾燥も招きます。

 

gahag-0054802234-1.jpg

 

 

●手軽でも効果がある、簡単ブルーライト対策●

 

 

そうは言っても、スマホやパソコンを使わない!!ということはできませんよね( ´_ゝ`)

目を守り、脳や身体を休めるために、手軽にできるブルーライト対策をご紹介します!!

 

 

oneスマホのブルーライト軽減機能

 

iPhoneで言うところの「Night Shift(ナイトシフト)」です。

 

これは、スマホの液晶画面の色味を「青を減らし、赤を増やす」機能で、

スマホから出るブルーライトの量を少なくする事ができ、目や睡眠への影響を軽減する事ができます!

 

スマホの「設定」⇒「画面表示と明るさ」⇒「Night Shift(ナイトシフト)」から変更できますよwink

 

 

twoブルーライトカット液晶保護フィルム

 

スマホの液晶保護シートはほとんどのユーザーが利用している事と思いますが、

一部のシートやフィルムにブルーライトカット機能が搭載された製品があるんですshine

 

Amazon等で「機種名+ブルーライト+フィルム」で検索すると多くの製品がヒットしますよ(^∇^*)/

価格も手ごろですので、導入しやすい対応法ですhappy01

 

 

threeブルーライトカット眼鏡を利用する

 

眼鏡メーカー各社から発売されている「ブルーライトカット眼鏡」を持っておくと良いかと思います。

 

有名な処では、JINZ「PCメガネ」Zoffの「Zoff PC」がよく知られた存在ですし、

その他メーカーさんなどからもリーズナブルなブルーライトカット眼鏡が発売されていますheart01

 

 

以上、ブルーライトから目を守るためには・・・でした!!

スマホの機能や市販グッズを併用しながら、利用時間も検討する等、ブルーライトから目を守りましょうrock

 

 

社員ブログ

朝日建設HP

 


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!