☆ゲリラ豪雨でマンホールから水が吹き出るのは何故?

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

最近雨がずっと降っていますね・・・

 

先日関東地方ではゲリラ豪雨で、

1時間ほどで地下道が冠水して人が通れなくなってしまったとか。。

 

083073.jpg

 

そんな大雨の時にマンホールから水が噴水のように吹き上げることがありますよね。

そのような現象はなぜ起こるのかご説明いたします(゜_゜>)!!

 

d491c46d61c0f571f6e0b8a8ca2a16ee_s.jpg

 

まず、1時間雨量が50mmを超える雨が降ると、マンホールの鉄蓋が吹き飛ぶことがあります(-_-;)

これは「エアピストン」と呼ばれる現象ですflair

 

ふだんの下水道管は水がチョロチョロとしか流れていませんが、

大雨が降ると下水管は流入する雨水で一杯になり、下水道管内にあった空気が

マンホールの穴の中で圧縮され、重量が40〜50kgもある鋳物製の鉄蓋を吹き飛ばしてしまうのですwobbly

 

201809180245_box_img3_A.jpg

 

最近のマンホールの蓋は、ガス抜き用の穴が空いたタイプや、

蓋を一定量浮上させて隙間から排気させるタイプなどが登場し、

エアピストン現象は減っているそうです!

 

また、ガス抜き用の穴が空いた鉄蓋はその穴から、

浮上するタイプの鉄蓋は隙間などから、水が吹き出すことがありますrain

 

marfghxresdefault.jpg

(元動画 https://youtu.be/9sShS3bJaCQ)

 

気になる所はこのマンホールから吹き出している水。

雨水なのでしょうか、それとも、汚水・・・?

 

 

実は下水道には「合流式」「分流式」があり、合流式の下水道管には雨水と汚水が流れています。

分流式は雨水用の下水道管と汚水用の下水道管が別々になっています(・-・〆)

 

マンホールから吹き出すのは、合流式の場合は雨水と汚水が混ざったものsad

分流式の場合は雨水だけということになります・・・

 

街の中を通る古い下水道は合流式が多いといわれていますよpaper

 

 

ちなみに、マンホールは英語(manhole)です__pencil

人(man)が穴(hole)の中に入って作業することから命名されたそうです(*^_^*)

 

8d50fc0b3e3f64be427c8816772e5600.jpg

(スロバキア共和国)

 

 

下水道の顔のマンホール。

 

この間町田のマンホールの「汚水管」の色つきタイプと「雨水管」の色なしタイプの

新デザインが発表されたそうですよっ(^○^)ノ

 

デザインの変更はなんと30年ぶりで今後30年は新デザインが使用されるそうですshineshine

 

昨日発行のタウンニュース町田版に掲載されていますので是非ご覧になってください(*^_^*)

 

20180921114521767_01.jpg

 

以上、マンホールについてでしたtyphoon

 

 

町田市HP

社員ブログ

 

朝日建設のHPへ戻る

 


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!