☆液状化現象とは

みなさま、こんにちはshine

 

北海道の大きな地震によって、大変な被害を受けている地域があります。

まだまだ復興には時間がかかるといわれています。

その中の原因の1つに『液状化現象』があげられていました。

 

E59CB0E99C87E68385E5A0B1.png

 

そこで、今回はその【液状化現象】についてご紹介したいと思います。

 

液状化現象は、

地震が発生した時に、地盤が液体状になる現象の事です。

 

201809060165_box_img0_A.png

 

では、なぜ地盤が液状化するのか?

液状化は、主に同じ成分や同じ大きさの砂からなる土が、

地下水で満たされている場合に発生しやすいと言われています。

また、地下水が比較的浅いところにあり砂を多き含む地盤のところです。

(海・川・池などの場所を埋め立てたところなど)

 

何もなければ、

地中の砂は互いに噛み合い、隙間の水も安定しているのですが、

大きな地震が起こってしまうと、

その揺れで、

土の体積は小さくなろうとする為、

砂粒子の隙間にかかわる圧力が急激に高くなり

隙間に合った水は、砂の間から逃げ砂粒子が浮いたように泥水化するのです。

これが【液状化現象】です。

 

96958A9F889DE1E7E3E7E6E0E2E2E2EBE2EBE0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXMZO3515415009092018000001-PN1-4.jpg

 

地震により地盤が液状化すると、

傾斜や沈下などの被害を受ける可能性があり、

今回の北海道で起こった液状化現象のような被害が起こってしまいますbearing

 

AS20180909000306_comm.jpg

 

 

液状化現象で大切な家が沈んでしまわない為にも、

地中にある、地盤のしっかりとした場所へ「杭」をを打つ工事が行われるのです。

杭にも様々な種類があり、

*鋼管杭

*鉄筋カゴの杭

*PC杭   などいろいろあります。

 

IMG_2747.jpg

 

杭工事については、

着工中・着工準備中物件】で各場所に合った杭を打っていますので、

ご覧になって下しさい。

 

地震によっておこる被害はたくさんありますが、

その中でも、地面の中の状態が変わってしまう事で起こる【液状化現象】にも、

気をつけていかなければなりませんhouse

安心・安全の生活をしていく上で、対策はとても大事だと思います。

 

 

朝日建設HP

社員ブログ

戸建ブログ

 

朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!