☆冬のイメージの「甘酒」。実は「夏の季語」なんです!!

「飲む点滴」「天然のサプリメント」と呼ばれるほど、

栄養素をたっぷりと含んでいる飲み物、甘酒

 

2827d451a267ec7b8b11e4e2164bf1d6_t.jpeg

 

甘酒と言えばお正月やひな祭りなど、

なんとなく冬に飲むイメージがありますが、

俳句で言うと実は甘酒夏の季語なのです!!

 

girl_idea.png

 

 

薬膳的にも夏バテに効果があるとされ、

「気(エネルギー)を補う働き」があると言われています。

 

江戸時代、甘酒は夏の風物詩で

夏の飲み物として愛飲されていたという文献が残っているそうです。

当時の幕府は庶民の健康を守るため、

老若男女問わず購入できるよう甘酒の価格を最高で4文に制限し、

武士の内職としても甘酒造りが行われていたとのこと。

疲労回復や熱中症防止のための栄養ドリンクとして広く親しまれていました。

 

34241_02.jpg

 

冷やしたもの、または温めたものを暑気払いに飲み、

夏場になると江戸の町中には多くの甘酒売りの行商が出ていたのだそう。

 

amamamammm.jpg

 

江戸時代の初期の頃は温かいまま販売するのが普通だったようですが、

中期以降に「冷たいものを飲む」スタイルが定着しだし、

のちに「温かいもの、冷たいもの」双方が売られていたようですφ(・・ )メモメモ

 

こういったことから、甘酒は俳句でいうと「夏の季語」となったわけです。

 

現代に生きる私たちも、

甘酒を飲んで健康にこの夏を乗り切りましょう!!

 

season9_00.gif

 


 

見学会情報

朝日建設HP


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!