☆切り方次第で巻き爪改善!足の爪の正しい切り方

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

関東は今日も気温がグングン上がっております!!

 

hiyake_woman.png

 

足元も軽装でサンダルを履くことが多くなるこの季節。

みなさま、足の爪はしっかりお手入れしていますか??

 

janken_ashi_kou_pa.png

 

足の爪を切るとき、ほとんどの方がは

“短くすればいい” “形よく整えればいい”

自己流で爪切りをしていると思います。

 

が、しかし。

 

足の爪は一般的に「スクエアオフ」という切り方が正しいとされています。

感覚的にはもう“少し切りたい”というあたりが適度な長さとなります。

 

tsume01.gif

 

気を付けて頂きたいのが「深爪」「バイアス切り」です。

「バイアス切り」は爪の両端(角)を深い部分まで切り落としてしまうこと。

特にバイアス切りでは、爪の角を短く切り落としてしまうことで、

むき出しになった皮膚が徐々に盛り上がってきてしまい、

後から生えてきた爪がその部分を刺激して痛みが出てしまいます。

“当たって痛い”という理由で爪の角を短く切り落としてしまい、

伸びてきたところでまた皮膚が刺激を受け痛み出す。

この繰り返しが陥入爪や巻き爪となる大きな原因になります。

 

長さは、爪が引っかからない程度にそして真っ直ぐに切ります

爪の両端が鋭角のままにはできませんので少しだけ角を切り落とします。

 

tsume_foot.png

 

爪切りは正しく行うことで、

巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、

全身の血の巡りが改善し、全身の健康管理に繋がりますので、

この夏、足の爪を切る際は、スクエアオフを意識してみてくださいねwink

 


 

朝日建設HP

現場見学会情報


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!