☆一人暮らしの家電選び|価格だけで失敗しない為に

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

3月に入り卒業を迎え、4月から新生活が始まるという方も

多いのではないでしょうか?

 

特に初めての一人暮らしは出費が重なります。。。

 

pose_atama_kakaeru_man_money.png

 

絶対に必要となる家電も、安く済ませようとしている方も

多いのではないでしょうか?

ですが、値段だけで揃えてしまうと後から後悔することも・・・despair

 

今回は家電を買う際に見ておきたいポイントをご紹介いたします。

 

 

fullmoon冷蔵庫

 

安ければ良い、一人暮らしだからサイズは小さければ大丈夫、

と安易な考え方で冷蔵庫を選んでしまうと、後々電気代が高くついてしまったり、

食材や飲み物を買ったはいいけど入らなかったり…というように後悔してしまうことも。

 

 

kaden_reizouko_open.png

 

自炊をするのであれば大体200L自炊をしない場合は大体100L前後の容量で足ります

相場は1万円台後半ー3万円くらいから購入できます。

 

冷蔵庫の扉の開き方には、

左開き・右開き・両開き・観音開きの4種類があるので、

キッチンに対して扉が開きやすいものを選びましょう。

 

一人暮らしの冷蔵庫ではキッチンスペースの節約のため、

冷蔵庫の上に電子レンジを置くことができます。

しかし、電子レンジを冷蔵庫の上に配置する際は、

冷蔵庫に「電子レンジ対応天板」「耐熱100℃」

といった記載がないと置けませんので要注意ですflair

 

 

fullmoon洗濯機

 

最初は多少お金がかかりますが、家で洗濯すると1回約40円、

コインランドリーは300ー500円とコインランドリーは割高。

トータルコストを考えると、洗濯機を購入してしまった方が安く済む場合もあります。

 

kaden_sentakuki.png

 

家電店やメーカーさんのカタログにも必ず『洗濯容量◯kg』と記載されています。

大人一人の一日分の洗濯物の量は平均1.5Kgです。

2日に1回洗濯機を回すなら、容量4.2kgや5kg

4日に1回のお洗濯なら容量6kgでギリギリセーフとなります。

 

洗濯槽がプラスチック樹脂のものもありますが、

大半はステンレス槽です。ステンレスのほうが丈夫で、

汚れにも強いのでステンレス槽を選ぶのが基本になります

 

ドラム型は節水ができる点、乾燥時の仕上がりなどの点では縦型よりも優れています。

縦型は汚れをしっかりと落とす点に優れています。

それぞれ特徴が異なるので、重視したい機能を優先して選びましょうflair

 

fullmoon電子レンジ

 

どんどんと進化している家電のひとつである電子レンジ。

様々な機種があり迷ってしまうかもしれませんが、

一人暮らしの場合は最先端で高性能なことよりも、

自分にキッチンの広さや自炊するかどうかなどを加味しながら、

必要な機能や使い勝手を備えているかを重視した方が自分に合ったものが選べます。

 

oven_renji.png

 

一人暮らしであれば20L、

お友達や恋人が来る頻度が多い場合は20-25Lサイズを選んでおくと安心です。

 

コンビニ弁当で済ませるのであれば、単機能レンジで十分ですが

自炊をする場合は「解凍」「茹でる」「炊く」「煮る」「焼く」「揚げる」

ことのできる、オーブンレンジがおススメです。

 

また、「ターンテーブルタイプ」と「フラットタイプ」の2種類があり

基本的にはフラットタイプの方が掃除がしやすいためおススメです。

ですが価格の面で押さえたい場合は、ターンテーブルタイプでも十分といえますflair

 

fullmoon炊飯器

 

自炊しない人でも、ご飯だけは自分で炊くことが節約への第一歩となります。

コンビニなどでおかずだけ買ってきて食べるのと、

すべて買ってきて食べるのでは出費に大きな差ができます。

 

cooking_suihanki.png

 

炊飯器ではいっぺんにたくさん炊き、1回分ずつ冷凍しておくと、

味も美味しいままで電気代の節約もできますのでおすすめです。

お米以外にも豚の角煮やパウンドケーキが作れたりと

ずぼらな人でも簡単に作れる家電となっています。

一人暮らしであれば、1度に6膳分くらい炊くことができる

3合炊き程度あれば大きさは十分ですflair

 

 

今回挙げた家電を一通りそろえれば、ひとまずは暮らすことができますhouse

もしこれでもよく分からない場合は店員さんに聞くのがベストだと思います!

 

それでは、みなさまの新生活が充実したものとなりますように(*^-゚)/

 

見学会情報はこちら

朝日建設へのお問い合わせ

朝日建設のHP


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!