☆アレルギーの薬を飲んでいるのに症状が止まらない

みなさま、こんにちはhappy01

 

花粉が飛び始めました。。。

既に、鼻水・かゆみ・くしゃみなどで感じでいる方もいらっしゃると思います。

私もその一人bearingbomb

 

 

花粉症は、花粉が原因となって起こるアレルギー疾患の一つです。

アレルギーなので、抑えるためにはアレルギーの薬を飲みのが1番だと思うのですが、

 

『薬を飲んでいるのに効かない!』っという事があるみたいです。

 

なぜ、薬が効かないのか、【アレルギーの薬を飲んでいても効かない理由】をご紹介していきますッ!

 

 

 

illust328.png

 

 

 

 

*アレルゲンの遮蔽が不十分*

アレルギーを起こしている原因物質、今回は「花粉」。

その「花粉」を避けきれていない事で、薬を飲んでいてもしっかりとして効果が得られない場合があります。

例えば、「マスクをしていなかったり、していても鼻が出てしまっている人」等。

 

ふさぎ切れていないところから、

花粉が体へ侵入し、アレルギー反応が再び活性化されるので、

抗アレルギー薬を縄引き状態となり、

アレルギー反応が収まらない事があります。

 

2018.2.21 (3).jpg

 

 

*薬を飲んだり飲まなかったりしている

自覚症状がある「鼻水がでた」などの時のみ、薬を飲むという方もいると思います。

薬によって異なりますが、

最初に飲んだ1回目から効果をきちんと発揮してくれるとは限らないので、

きちんと飲み続ける必要があります。

 

2018.2.21 (4).jpg

 

 

 

*飲み始める時期が遅い

症状がかなりひどくなってから飲み始めても、全く効かない場合があります。

症状が出る前のアレルギー反応である『感作反応』が進んでしまうと、

少し花粉に過剰反応して、くしゃみ・鼻水などが多く出るのです。

 

なので、花粉症と自覚している方は症状がない1ヶ月前から薬を飲みましょう。

そうすることで、

感差反応を穏やかにする効果があるからです!

 

2018.2.21 (2).jpg

 

 

 

*生活習慣が不規則

寝る時間がとてもおそい。

昼夜逆転生活をしている。  など不規則な生活を送っている方は、

薬の効果が出にくい事があるみたいです。

 

2018.2.21 (1).gif

 

 

 

【アレルギーの薬を飲んでいても効かない理由】を4つご紹介致しました。

他にも原因はたくさんあるみたいです。

 

辛い花粉の季節は、まだ始まったばかりです。

『マスク・メガネ・屋内に入る時は払ってから入る』など、

対策を行って、少しでも楽な生活を送れるように頑張りましょう(>_<)

 

2018.2.21 (1).jpg

 

 

朝日建設HP

社員ブログ

戸建てブログ

 


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!