☆雪の結晶同じ形のものは存在しない?!

 

みなさま、こんにちは(^-^*)/

 

今日は昨晩から降った雪の雪かきから1日がスタートいたしましたsnow

今回は道が凍結せずに済みそうです(*´∇`*)

 

さて、そんな天からの贈り物。

1つとして同じ形はないと言われていますflair

(ウェザーニュースより)

 

大きく分けると、形の種類は8種類ほどあります。

 

box0

 

雪の結晶としてよく知られている6本の枝の様な形をした樹枝状の結晶は、

水蒸気量は多めで氷点下15℃の雲の中で成長したものになりますsnow

 

雪の結晶は六角形であるというのが一番の特徴で、

五角形や八角形のものはありません。

 

box1

 

枝から延びている小さな枝は、軸となっている6本の枝よりも

成長速度が遅いため、正六角形のラインから飛び出ることはありません。

また、中心に近いほうから成長していくため、

基本的には外にいくほど短くなりますsnow

 

雪の結晶は、都市部では見られないのではと思われがちですが、

ふわっとした牡丹雪のときに、黒いコートの上などに雪をつけてみると、

六角形の結晶が肉眼で見られますeye

 

IMG_E9894.JPG

 

是非、次に雪が降った時には観察してみてくださいnote

 


 

朝日建設HP

社員ブログ

朝日建設へのお問い合わせ