☆B1階スラブコンクリート打設が行われました!

 

 

みなさま、こんにちは!

 

今日も暑いですねぇ

今週いっぱいは暑い日が続くみたいですね・・・

 

暑さ対策、体調管理しっかりしましょうdespair

 

 

それでは、工事の様子をご紹介しますnote

 

 

IMG_9428.JPG

 

 

現場の前には生コン車とポンプ車!!

B1階のスラブコンクリート打設が始まります(*'▽')ノ

 

 

IMG_2147.JPG

 

 

打設をした部分からトンボを使い大まかに均していくのですが、

コンクリートには既定の厚さがあります。

 

そのコンクリートの厚さを確認するためにレーザーレベルというものが使われますrock

 

 

IMG_9439.JPG

 

 

一番右側にいる職人さんがもっている棒にレーザーレベルからのレーザーに反応する

受光器が付いていて、既定の厚さになると音で知らせてくれるのです!!

 

下写真の黄色いものがレーザーレベルです(`・ω・´)!!

 

 

IMG_2145.JPG

 

 

どんどん打設が進んでいきます・・・・eye

 

 

IMG_94300.JPG

 

DSCN3302.JPG

 

 

打設完了後金鏝仕上げが行われます(*‘ω‘ *)

表面がつるつるした綺麗な仕上がりになるんですよー

 

 

IMG_0825.JPG

 

 

硬化後に墨出しが行われます!!

 

 

以上、工事の様子でした。

次回もよろしくお願いしますーpig

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆B1階スラブ工事中。。。

 

 

みなさま、こんにちは('ω')

 

最近朝晩と結構涼しくなってきましたね!!

暑いのが苦手な私には快適ですcatface

 

まあ寒すぎるのも嫌ですけど・・・

暑いのよりはましですね笑

 

 

ではでは、現場日記を更新したいと思います!!

 

 

IMG_2110.JPG

 

 

先月に基礎コン打設を行った当現場。

工事の様子をご紹介します!!

 

こちら基礎コン打設が完了した後のお写真ですeye

 

 

DSCN3276.JPG

 

 

前回ちらっとこの部分が「ピット」と呼ばれる排水などの設備配管が設置される

地下空間だと紹介しました!!

 

その部分に穴が開いているのがみえますか?

これは「人通口」でメンテナンス時に人が通れるようになっているのですよっ(*‘ω‘ *)

 

 

工事は進み。。。。。

B1階のスラブ工事が行われていました(*'▽')!!

 

 

IMG_2104.JPG

 

IMG_2109.JPG

 

 

型枠材の「コンクリートパネル」通称 コンパネ を敷いているところです!!

 

基礎型枠工事に使われていた型枠材と同じものを使用していますflair

 

コンパネの片面には剥離剤が塗ってある為、表面がつるつるしており、

コンクリートが硬化した後型枠を剥がしやすく、何度か転用する事が出来ます(。-`ω-)

 

 

IMG_2105.JPG

 

 

コンパネを敷き終わった後上写真の断熱材を敷き込みますrock

 

断熱材はその場で職人さんがカットしてサイズを合わせて敷いていきますよーー

 

 

IMG_2108.JPG

 

 

この断熱材が敷かれた後、スラブ配筋が行われます!!  

 

 

以上、工事の様子でした!

次回もよろしくお願いします^^

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆基礎型枠工事の様子!

 

みなさま、こんにちは('ω')

 

今日も暑いですねーーー;;

汗だらだらかきながら現場取材に行ってきました・・・

 

 

それでは、早速現場の様子をご紹介します(。-`ω-)

 

 

IMG_8478.JPG

 

 

前回「基礎配筋」の工事のご紹介をしました!!

それで今回ご紹介するのが「基礎型枠工事」ですrock

 

基礎の配筋工事が完了し、

コンクリートが流し込まれる部分に型枠を組んだ鉄筋を挟むようにして建て込みますshine

 

 

IMG_8475.JPG

 

 

この型枠と型枠の間にコンクリートが打設されますよーー(*'▽')!!

 

 

IMG_8470.JPG

 

 

当物件は半地下のようになるので、壁の黒くなっている部分は建物になるそうですよflair

 

この後に1階スラブの型枠の建込が行われます。

 

そのため地下空間が出来ます。

その地下部分は「ピット」と呼ばれ、地下に排水等の配管が設置される部分になりますよ(??〆)

 

 

以上、基礎型枠工事の様子でした(*‘ω‘ *)

次回は夏季休暇明けの更新になります!!

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆基礎配筋を行っています。

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

昨日、関東地方梅雨明けしましたね!!!

暑い日が続いています(-_-;)

家を出て駅まで10分・・・それだけでもう汗だくですwobbly

 

現場取材などで外出する機会が多いので熱中症には十分気を付けて

外にでたいと思いますrock

みなさまも外出の際はお気をつけて!!

 

 

ではでは。

前回「捨てコンクリート打設」のご紹介をしました!!

 

 

DSCN3112.JPG

 

 

建物をつくる作業をする為にとても重要な工事でした!

 

今回は捨てコンクリート打設後に行われる工事。

「基礎配筋工事」をご紹介致します(。-`ω-)

 

 

DSCN3118.JPG

 

 

まず、墨出しをした地面に足場を立てていきますpaper

この足場は「地足場」と言い、基礎工事の際に材料の運搬や作業用の通路などに使用されます。

 

この地足場が完成してはじめて柱などの鉄筋を組むことが可能になるので、

「鉄筋足場」「ステージ」と呼ぶこともあるそうですshine

 

 

IMG_7810.JPG

 

 

鉄筋が搬入され、基礎配筋工事が始まりますdash

基礎配筋をする際まず「基礎エース」と呼ばれるものが設置されます。

 

下写真水色の丸で囲った鉄筋よりも太く黒いものが「基礎エース」です(`・ω・´)

 

 

IMG_7810 - コピー.JPG

 

 

「基礎エース」は梁主筋を支えるもので、さらに基礎の高さ・位置を決め

地中梁主筋の上と下のコンクリートの被り厚さを一定に保つ役割があります(??〆)

 

 

IMG_7812.JPG

 

IMG_7818.JPG

 

 

様々な種類の鉄筋を使用して配筋を行っていきます!!

配筋が完了し、検査を行ったら次の工事に進んでいきますよーーーrun

 

 

次回もよろしくお願いします( *´艸`)

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

☆捨てコンクリート打設を行いました!

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

今週末台風が来るみたいですね・・・

大きな被害が出ないと良いですね(;^_^A

 

 

ではでは。

先週の土曜日に当現場では捨てコンクリート打設が行われました。

 

都合が合わず取材に行けませんでしたので現場監督さんにお写真を頂きました!!

捨てコンクリート打設の様子をご紹介致します(`・ω・´)

 

 

DSCN3104.JPG

 

 

まず、根伐り・山留工事完了後に砕石工事を行います!!

基礎内部に厚み20?ほど砕石(割石・砂利)を敷いていきます(。-`ω-)

その後基礎が沈んでしまわないように、十分にランマーを使って転圧しますdash

 

この砕石工事が完了したら、捨てコンクリート打設となります(*‘ω‘ *)

 

 

DSCN3112.JPG

 

 

さて、捨てコンクリート打設とは・・・?

 

厚さ5?ほどの生コンクリートを打設します。

 

捨てコンクリートは建物の床になるものではありませんが、

建物を建てる為の基準線出し地面を均すことで足場を作りやすくしたり

職人さんの作業がしやすいようにするなどの役割がありますshineshine

 

捨てコンクリートは、建物の強度に直接かかわることはありませんが、

建物をつくる作業をするためにとても重要な役割を果たしています(>_<)!!

 

 

DSCN3114.JPG

 

DSCN3117.JPG

 

 

コンクリート硬化後墨出しが行われ次の工事に進みます(??〆)

 

以上、捨てコン打設のご紹介でした!!

次回もよろしくお願いしますsun

 

 


 

 

賃貸経営をお考えの方

戸建住宅建設をお考えの方

 

朝日建設の見学会情報

朝日建設へのお問い合わせ

 

朝日建設HPへ戻る

 

 

  >