☆基礎配筋工事

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

今日は良いお天気でしたね!

日差しがぽかぽかと・・・外に出ると寒いんですけどねcoldsweats01

 

もう少し暖かくならないかなー、なんてsweat02

これからが冬本番ですorz

 

sun_yellow1 (1).png

 

 

では、現場監督さんにお写真頂きましたので現場日記を更新したいと思いますhappy01

 

前回は根伐り・山留工事のご紹介しました。

 

IMG_0848.JPG

 

根伐り・山留工事が完了したので、基礎工事を・・・!!

 

ではなく、捨てコンクリート打設というものを行いますrock

 

 

捨てコンクリート略して捨コン

設計図通り鉄筋を水平に組んでいくために地面に直接敷くコンクリートのことで、

このコンクリートは躯体で用いるような強度を持ったコンクリートではありません。

 

強度のないコンクリートの為、捨コンと呼ばれていますが

建物の基礎にかかわる必要不可欠な下処理のコンクリートになります!(^^)!

 

 

基礎コンの打設が完了し、硬化したら基礎配筋工事を行いますconfident

 

その鉄筋を組む際に基礎エースというものを設置します。

こちらが基礎エースです!!

 

基礎エース.jpg

 

基礎エースとは、

コンクリートに打ち付け、鉄筋の配筋の高さを一定にする優れものでございますshine

 

IMG_1770.JPG

 

配筋が終わるとこのようになりますeye

 

色んな形状、太さの鉄筋があり場所によって使い分けていますよ!!

 

 

今回は以上になります!!

次回もどうぞよろしくお願いします(^○^)ノ

 


 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

 

お問い合わせはこちら

 

☆根伐り・山留工事

 

 

みなさま、こんにちは!

 

11月に入りましたね・・・

本格的に寒くなってきたので私は毛布を出しましたcatface

 

朝暖かくてなかなか布団から出れなくなってしまいました 笑

 

futon_derenai_woman.png

 

さて、久々の現場日記です・・・更新できずすみませんでしたsweat01

現場の様子をご紹介していきたいと思います。。

 

IMG_0847.JPG

 

根伐り・山留工事」が完了しておりました!!

 

建物をつくるうえで最も大切重要な基礎工事。

 

その基礎をつくるためのスペース確保として、掘削作業を大きな重機で

支持層(根伐底)まで掘り進めますpunch

※支持層とは、建物の重さに耐える強さを持つ地盤・地層の事です。

 

 

この掘削作業を行う際に土壁が崩れてこないようにする工事の事を

山留工事」といいます。

最初に説明した掘削作業は「根伐り工事」ですnotes

 

この山留工事はあらかじめ打ち込んでいたH鋼H鋼の間に杉板を挟み、

土砂崩れ防止の壁をつくる工事になります!!

 

H鋼とは・・・eye

 

神田 (6).JPG

 

こちらは別現場のものですが・・・

名前の通り「H」の形をしております!

 

スコップを使い手作業で板をはめ込みますcoldsweats02

その作業を四方に行っていくのです!!

 

IMG_0848.JPG

 

今回は以上になります!

長々と説明失礼いたしました 笑

 

次回もどうぞよろしくお願いしますconfident

 


 

朝日建設HP

イベント・見学会情報

着工中・着工準備中一覧

 

お問い合わせはこちら

 

 

☆杭工事

 

 

みなさま、こんにちは!!

 

昨日現場取材に行ってきましたので、

早速現場の様子をご紹介していきたいと思いますhappy01

 

IMG_0415.JPG

 

現場では建物の根っことなるの工事を行っておりましたrock

 

杭はその土地に適したものを打っていきます。

当現場は場所打ちコンクリート杭というものになります。

 

重機で杭穴を掘削し、鉄筋かごというものを穴の中にいれていきます!

鉄筋かごはこちら・・・

 

IMG_0427.JPG

 

こちらは杭穴にトレミー管を挿入しているところになります。

 

IMG_0421.JPG

 

このトレミー管という鋼管を伝って、生コンが流し込まれますrock

 

深い穴の中にそのまま生コンを落とし込むと生コンが分離してしまい、

強度が出なくなってしまう恐れがあるため、このトレミー管で流し込みますflairflair

 

IMG_0426.JPG

 

このコンクリートは打設する前に「コンクリート検査」というものを行いますconfident

 

IMG_0425.JPG

 

1番手前にある四角い板の上にコンクリートが乗っているものは、

「スランプ」といい、コンクリートの柔らかさのテストをしています。

 

 

規定の入れ物から、垂直にコンクリート抜き取り、

その高さが何センチか測ることで、「スランプ」がわかるのです!!

 

フロー値(スランプ試験後コンクリートの広がり具合)を測ります。

 

その他の件さは、温度検査・圧縮強度検査・塩化物イオン濃度測定・空気量測定 等

 

検査をして、合格したコンクリートを使用しますshine

 

IMG_0424.JPG

 

記録として、写真を撮りますcamera

 

以上、現場状況でした!!

次回もよろしくお願いします(*^^)v

 


 

朝日建設HP

イベント・見学会情報

着工中・着工準備中物件一覧

 

お問い合わせはこちら

 

 

☆根伐り・山留工事

 

 

みなさま、こんにちは!

 

9月21日(木)に発行されたタウンニュース都筑区版に、

《(仮称)センター南マンション新築工事》着工のお知らせを掲載して頂きましたshine

 

20170925115915579_01.jpg

 

近隣のみなさまにはご迷惑をおかけ致しますが、

宜しくお願い致します。

 

 

では、前回「H鋼の打ち込み」の様子をご紹介しました当現場。

今回はそのH鋼の行方をご紹介したいと思います!!

 

IMG_0048.JPG

 

まず、「根伐り工事」とは

基礎を作るために地面を掘り下げて空間を作る工事になりますflair

 

空間を作る為、掘削した土を搬出していきます!

 

IMG_0249.JPG

 

IMG_0245.JPG

 

この際、掘削して土壁状態になっている部分が崩れてこないよう、

以前埋めたH鋼H鋼の間に矢板という木の板を入れて土砂崩れを防ぎますrock

 

IMG_0246.JPG

 

この作業が「山留工事」というものになりますshine

 

このようにして四方に根伐り・山留工事を行い、

基礎を置く準備をしております!!

 

IMG_0251.JPG

 

今回の現場日記は以上になります。。

次回もどうぞよろしくお願いしますnotes

 


 

朝日建設HP

イベント・見学会情報

着工中・着工準備中物件一覧

 

お問い合わせはこちら

 

 

☆H鋼打ち込み工事

 

 

みなさま、こんにちは!

 

昨日、当現場の取材に行ってまいりました!!

 

現場最寄りのセンター南駅はお店が結構あって、

ショッピングが楽しそうだなーと思いました!happy01

 

 

では早速、工事の様子をご紹介したいと思います。。

H鋼の打ち込み工事をしておりましたhappy02

 

IMG_0048.JPG

 

H鋼というものを地面に埋める為に、

現場には大きなドリルがついている重機がありました!

この重機はアボロン杭打機といいますよーーrock

 

そして、H鋼と呼ばれるものはこちらeye

 

IMG_0053.JPG

 

名前の通り「」の形をしていますnotes

 

このH鋼を埋める為に、掘削を行っているのですが

ただ単に、ドリルで地面に穴を開けただけでは穴の周りが崩れ

折角開けた穴が塞がってしまう恐れがあります・・・

 

IMG_0051.JPG

 

そのために、ドリルの根元にあるホースからセメントミルクというものを

流し込みながら掘削を行うことで穴の周りが崩れるのを防いでいるのですflair

 

現在の外観ですnotes

 

IMG_0047.JPG

 

今回は以上になります!!

次回もどうぞよろしくお願いしますconfident
 
 
 
 
 
  >