基礎工事

 

 

前回は捨てコンクリートの打設・杭頭処理までお伝え致しましたッ!

 

 

 

こちらは、基礎の鉄筋材の搬入ですsign01

 

8.25.JPG

 

 

直接、あるいはワイヤーロープなどで

資材をクレーンなどのフックに掛ける作業を玉掛けと呼びます。

 

 

写真のように、ワイヤーを掛ける場合はもちろん、

外す場合も玉掛け作業に含まれるので、

掛けた人間と違う人間がワイヤーを外すような場合は

外す作業にも資格が必要となるんですよflair

 

 

 

 

搬入された鉄筋、組まれていきますーshine

 

8.27.JPG

 

 

地中梁の主筋保持、

キソエースいうT字型の支えを、捨てコンに釘で打ち付け・・・

 

8.27 (1).JPG

 

キソエースの上に並べた梁主筋に、

スターラップ筋(梁の周囲に巻き付ける鉄筋のこと)をぶらさげ・・・
 

 

そのスターラップ筋の底に載せるようにして、

下の梁主筋を結束していきます!

 


 

 

– ガス圧接 –

 

 

こちらはガス圧接を行っています。

 

8.27 (5).JPG

 

 

?ガス圧接?

鉄筋と鉄筋の端部をアセチレンと酵素をつないだバーナーにより、

加熱しながら圧力を加え、接合していきます。

 

 

 

 

– 配筋検査 –

 

続きまして、配筋検査の様子ですッ!

 

8.31基礎配筋検査(住宅).JPG

 

 

鉄筋の配置、鉄筋の品質規格が

建築基準法に基づいて施工されているか確認しますsearchshine

 

 

8.31基礎配筋検査2.JPG

 

 

 

 

それから写真は少し進み・・・

 

基礎コンクリートの打設が完了致しましたッsign03

 

9.17基礎コン打設.JPG

 

 

その後、型枠を解体し

埋め戻しをしていきます(*^▽^*)

 

9.22埋め戻し前.JPG

 

 

ダンプが運んできた土を、パワーシャベルが埋めていきますッsign01

 

 

9.22埋め戻し.JPG

 

 

 

 

埋め戻しが終わると1階床にあたる部分は、

ランマーで転圧をかけて固められますup

 

9.24砕石敷き転圧.JPG

 

 

それでは今回はココまでですslateshine

 

次回の更新をお楽しみにッ!

 

 

⇒10月11月の現場見学会はコチラからsign03

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asahi21.co.jp/blog/mt-sys/mt-tb.cgi/109

コメントする