☆完成したら見えない部分を覗き見!杭工事

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

本日、はじめて当現場に行ってまいりました!!

こちらが現場でゴザイマス!!

 

IMG_0171.JPG

 

既に重機が搬入されておりますね。

それでは中の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_0181.JPG

 

建物の支える根っことなる、杭の工事がスタートしておりました!

上の重機が杭機になります。

そして今回使用する杭がこちらの鋼管杭になりますflair

 

IMG_0172.JPG

 

杭を打つ前に、設計管理者・現場監督・杭屋さんで検査を行います。

ここでは既定の長さや厚みがあるかを検査します。

 

IMG_0185.JPG

 

ここで長さや厚みを測っている杭には1mごとに数字が描かれています。

この杭は試験杭といい、支持層を確認するための杭です。

ここでいう「試験」とは、「支持層を確認するための」という意味があります。

 

kuikuikuikui.png

 

試験杭は一般的に1現場1箇所打ちます。試験杭以外の杭は「本杭」と呼ばれますが

「試験杭」も「本杭」も仕様は全く同じものですflair

 

IMG_0189.JPG

 

先にドリルのような羽が付いているのが下杭、

何もついていない方が上杭といいます。

 

IMG_0179.JPG

 

検査に合格後、杭機に杭(下杭)をセットし地中に埋めていきます。

 

IMG_0191.JPG

 

杭の先端はドリルのようになっていますので、回転させながら地中に打ち込みます。

 

IMG_0196.JPG

 

ここでも打ち込むポイントが合っているか、垂直になっているかを細かく確認します。

 

IMG_0203.JPG

 

IMG_0206.JPG

 

ある程度埋まったところで、深い部分(支持層)まで杭を打ち込むために、

上杭を溶接し、さらに深く杭を打ち込ます!

 

IMG_0207.JPG

 

また、このままですと杭の中は空洞で強度がないため、

この先コンクリートを流し込みさらに強度を高めていきます!!

 

このようにして、杭の打ち込みが行われていきます(・_・  )ゞ

今回の現場日記は以上です!!

 


 

sun完成予想パースsun

 

Hp.jpg

2019年7月完成予定

 

地上4階建

1K(1)

1LDK(2)

オーナールーム(2)

店舗(2)

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!