☆鉄骨検査に行きました☆

 

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

ピョンチャンオリンピック、

盛り上がってますね!!!

 

01rwegwrg.PNG

 

同世代の選手も活躍しているので

日本人選手の試合を見るたびに不意に感動の涙を流しています笑

今日もメダル期待の競技があるようなので、また涙を流すことでしょう。笑

頑張れぇーーーー!!!

 

figure_ouen.png

 

それでは、今回は「現場の様子」今回はではなく

1歩外に出まして鉄骨検査というものをご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

現在建設中の当クラブハウスは、鉄骨造になります。

現場に搬入して組み立てを行う前に、

現場責任者が事前に工場へ行き、搬入される部材の確認と様々な検査を行います。

 

DSCN3090.JPG

 

こちらが千葉県にある工場になりますpaper

 

DSCN3073.JPG

 

工場へ入ると、今回使用する様々な部材が

検査のために並べられた状態となっていましたeye

 

DSCN3072.JPG

 

DSCN3074.JPG

 

それにしても広い・・・・・・(`・ω・´)

 

DSCN3075.JPG

 

小さな部材(小さいと言っても実際には小さくはありませんがcoldsweats01)は

屋内で確認し、柱や梁などの大きな部材は屋外にて確認を行います。

 

DSCN3076.JPG

 

run

 

DSCN3079.JPG

 

人が横に立つといかに大きいかが分かりますね・・・

 

鉄骨の溶接部の検査では、目視による外観検査超音波探傷検査を行います。

外観検査では、割れ、食違い、目違い、隙間がない、

もしくは許容値以内であるかを目視にて確認しますflair

 

DSCN3078.JPG

 

超音波探傷検査では、内部欠陥がないことを機械にて確認しますflair

超音波の反射エコーを利用して、キズまでの距離・大きさを測定し、

内部のキズが検出できるそうです。

 

DSCN3081.JPG

 

このように製品検査を行い、合格後、現場へと搬入されます( ̄^ ̄)ゞ

 

DSCN3082.JPG

 

それでは、今回の現場日記は以上になります(・_・  )ゞ

 


 

キャプチャ.PNG

 

朝日建設HP

イベント・見学会情報

現場日記一覧

 

朝日建設へのお問い合わせはこちら


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!