☆完成したら見えない部分を覗き見!1階躯体工事

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

11月がスタートしました!!

今年もあと残り2ヶ月です!!

 

あっという間ですね・・・

これからどんどん寒くなるので風邪に気を付けていきましょうflair

 

pyoko11_samui.png

 

それでは、現場の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_6072.JPG

 

前回、1階のスラブコンが打設されました当現場。

1階躯体の工事が始まっておりました!!

 

IMG_6080.JPG

 

建物外側の型枠が立込まれ、配筋工事を行っておりました。

 

IMG_6073.JPG

 

こちらの型枠にくっついている白いものはピーコンと呼ばれるものになります。

ピーコンとピーコンの間の金具はセパレーターと呼ばれるものになります。

 

セパレーターは、外側の型枠と内側の型枠の間隔を一定の幅にするもので、

ピーコンはセパレーターの先端で型枠が内側へ入り、

壁の厚さが変わってしまわないようにする役割がございますflair

 

IMG_6084.JPG

 

型枠の外部にはフォームタイというものが付いています。

ピーコンの先についたネジ部分をコンパネに通し、

貫通して出てきたネジ部分にフォームタイを装着しています。

 

その後、コンパネとフォームタイの鳥の翼のような部分に単管パイプを固定し、

コンクリート打設の際に圧力で型枠が崩れたりすることがないよう、しっかりホールドします!

 

IMG_6079.JPG

 

こちらでは、職人さんが配筋中でございました。

職人さんが手に持っているのはハッカーという工具で、

鉄筋同士を固定する結束線をハッカーを使い締めています。

 

IMG_6075.JPG

 

このようにして、型枠の立込み・配筋工事を行っております。

それでは、今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

経堂2丁目PJweb.jpg

2019年3月完成予定

 

1K 2世帯

1LDK 5世帯

店舗 2戸

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!