☆完成したら見えない部分を覗き見!最上階躯体工事

みなさま、あけましておめでとうございます!!

本年もどうぞ宜しくお願い致します!!

本日1月10日は110番の日ということで

経堂の駅前の交番にピーポ君がいらっしゃいました。

 

遠目からパシャリcamera

 

IMG_0831.JPG

 

誰もこちらを見ていないプライバシー配慮の写真が撮れました。笑

 

さてそれでは、現場の様子をご紹介致します(・_・  )ゞ

 

IMG_0821.JPG

 

いよいよ最上階4階の躯体工事に入りました当現場!!

 

IMG_0823.JPG

 

配筋工事を行っております!!

柱の鉄筋が斜めに組まれていますねeye

 

IMG_0824.JPG

 

これはセットバック部分にあたります。

セットバックはもともと構造上の理由で使用されていましたが、

現在では、どちらかというと土地利用規制に適合させるために使用されています。

特に建物密集地域では、高層の建築が並び、都市の街路や中庭等、

地上に日光や新鮮な空気が入らなくなるのを防ぐため、

ある程度の傾斜を設けることを法令で義務付けている場合がほとんどですflair

 

IMG_0829.JPG

 

こちらの短く切断された鉄筋はテストピースというものになりますflair

 

IMG_0433vfbvdb.JPG

 

杭から続く柱筋は圧接を繰り返し、最上階まで伸びております。

圧接した箇所は写真のように、丸くベビーカステラのような形になっています。

この丸みには、縦横両方に既定の太さが定められていて、

先ほどのテストピースを試験場に持ち込み、

引っ張り試験というものを行って十分な強度があるかを確かめます。

試験の際に圧接面以外で鉄筋が切断されると合格となりますflair

 

さて、最上階の立込みが行われている中、

2階躯体内はサポートも外れすっきりとした状態となっておりました!!

 

IMG_0827.JPG

 

これより内装工事も始まります!!

それでは、今回の現場日記は以上になります(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

経堂2丁目PJweb.jpg

2019年3月完成予定

 

1K 2世帯

1LDK 5世帯

店舗 2戸

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!3階立上がりコン打設

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

2018年もまもなく終わってしまいますね。

弊社の通常営業は本日までとなっております。

新年は1月4日より開始致しますのでよろしくお願いいたします。

 

37安全第一やるぞう君.jpg

 

それでは、現場の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_0784.JPG

 

3階の立込みが完了し、本日3階立上がりのコンクリート打設が行われました!

 

IMG_0792.JPG

 

晴天に恵まれ、打設日和です!!

 

IMG_0790.JPG

 

これまでと同様の流れで打設が行われておりました!!

【1階立上がりコン打設】

【2階立上がりコン打設】

 

さて、打設が行われている中、2階では外壁側の型枠の解体を行っておりました!

 

IMG_0797.JPG

 

こちらの職人さんは外壁(躯体)に残ったピーコンを取り外しておりました。

 

IMG_0795.JPG

 

IMG_0788.JPG

 

この外したピーコンは、4階の型枠立込みの際に利用します。

ちなみに、取り除いた後はこのようになっております。

 

IMG_0796.JPG

 

この穴の開いた部分は、モルタルで埋めます。

よく打ちっぱなし風のクロスにある丸の模様はピーコンの跡というわけです!

 

1bn29.jpg

 

それでは、次回より最上階躯体工事の様子をご紹介いたします!!

今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 

みなさま、よいお年をお迎えくださいsun

 


 

sun完成予想パースsun

 

経堂2丁目PJweb.jpg

2019年3月完成予定

 

1K 2世帯

1LDK 5世帯

店舗 2戸

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!3階躯体工事

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

本日12月17日はライト兄弟が動力飛行機の初飛行に成功した

「飛行機の日」だそうです!!

遠く離れた国へ行けるようになったのも彼らのおかげですconfident

 

wright_brothers.png

 

ありがたやありがたや。

ちなみに最初に飛んだのは弟のオーヴィル(右)だそうです。

 

さてそれでは、現場の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_0595.JPG

 

前回、2階が立上がりました当現場。

現在3階の躯体工事を行っております!

 

IMG_0601.JPG

 

2階躯体工事の際にご紹介した【スタットボード】の立込みを行っておりました。

 

IMG_0600.JPG

 

ちょうど職人さんがフォームタイに単管を挟み、締め上げておりました。

グググっとこんな感じで。

 

sleeperweb.jpg

 

 

こちらのニョキニョキとチンアナゴのように伸びているオレンジのホースは

CD管というものになりますflair

 

IMG_0604.JPG

 

配線をコンクリートの中にそのまま埋め込んでしまうと、

コンクリ打設の際に砂利などとこすれてしまい電線が傷んでしまう他、

配線の直しが全くできない為、このように管を打設前に設置しておりますflair

CD管は埋め込み専用で露出が禁止されているため、

オレンジで目立つ色をしているそうです。

 

IMG_0597.JPG

 

一方、こちらは1階店舗部分。

サポートが取り外されておりました!!

2階はサポートで固定されたままの状態となったおりました。

 

IMG_0599.JPG

 

それでは、今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

経堂2丁目PJweb.jpg

2019年3月完成予定

 

1K 2世帯

1LDK 5世帯

店舗 2戸

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!2階立上がりコン打設

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

今日も冷え込んでおりますね。

関東は夜から雨だそうで雪になるところもあるとか・・・snow

みなさま、くれぐれも夜は暖かくしてお過ごしくださいませconfident

 

0000000dweqreq2.png

 

それでは、現場の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_0450.JPG

 

2階の立込みが完了し、先日2階立上がりのコンクリート打設が行われました!

 

IMG_0429.JPG

 

現場に入るとスラブ部分の打設を行っておりました。

 

IMG_0439.JPG

 

こちらの職人さんは水の入ったバケツを持ちながらブラシで鉄筋を拭いています。

鉄筋にコンクリートが付着したままですと、配筋の際に強度が劣ってしまいますので

このように、こまめにブラシで付着を防いでおります。

 

IMG_0444.JPG

 

既定の厚みのコンクリートが流されて部分からはトンボで均しが行われていきます。

既定の厚みの確認はレーザーレベルという機械で行っております。

 

IMG_0436.JPG

 

こちらの丸で囲んだものが受光機というものになります。

この受光機が事前に各地点のコンクリートの厚み入力された

レーザーレベルからのレーザーに反応します。

(下の黄色いものがレーザーレベルです)

 

IMG_0433.JPG

 

設計図通りの高さまでコンクリートが流し込まれると

ピーーーーーっと音で知らせてくれますflair

 

全面の打設が完了次第、鏝(コテ)での仕上げが行われます!

 

それでは、今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

経堂2丁目PJweb.jpg

2019年3月完成予定

 

1K 2世帯

1LDK 5世帯

店舗 2戸

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!2階躯体工事

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

12月に入りました!!

街中クリスマス仕様で可愛くなっていますねheart04

癒されます( ´u`*)

 

xlarge_63f8baf4-a2a0-4f18-9e4a-0e457be87627.jpeg

 

さて、それでは現場の様子をご紹介いたします(・_・  )ゞ

 

IMG_0313.JPG

 

前回、無事に1階が立上がりました当現場。

現在2階の躯体工事を行っております。

 

IMG_0318.JPG

 

壁配筋が完了し、3階スラブの工事をしておりました。

今回、1階躯体工事の時とは異なり、白いボードが建て込まれておりますeye

1階躯体工事の様子

 

IMG_0323.JPG

 

こちらの白いボードはスタットボードというものになりますflair

型枠材としてだけでなく断熱材としての役割も担いますので、

施工中の廃材が削減されるため、環境に優しいほか

工事作業の短縮、またコストダウンにもなり

住まわれる方も、オーナー様も、環境にも良い断熱兼型枠材となっていますflair

 

dannetu-k.gif

 

よく見るとやるぞう君がプリントされていますheart04

 

IMG_0322.JPG

 

立込む際は、外壁側となるコンパネには1階躯体工事同様ピーコンを装着。

セパレーターを取り付け、その先に断熱パットと呼ばれる

スタットボード専用のピーコンの役割を果たすものを取り付けます。

 

IMG_0316.JPG

 

こちらがセパレーターに取り付ける前の状態の断熱パットです。

 

IMG_0314.JPG

 

そして断熱パットのネジ部分をスタットボードに貫通させ、

これまでと同じようにネジ部分にフォームタイを装着します。

 

IMG_0323w.JPG

 

そしてここに単管パイプを固定、ホールドします!

 

IMG_0320.JPG

 

このようにして、スタットボードを立込み

居住空間をまるで魔法瓶のような空間に作り上げていきます!!

 

それでは、今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

経堂2丁目PJweb.jpg

2019年3月完成予定

 

1K 2世帯

1LDK 5世帯

店舗 2戸

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

  >