☆タイルとタイルの間を埋める

みなさま、こんにちはsun

 

あー、暑かったですね(+o+)

こんな暑い日には、『炭酸飲料』が飲みたくなりますが。。。。

実は、炭酸が苦手な私。笑

どの炭酸も少し抜けたくらいがちょうど良いですsign03

 

10445002638.jpg

 

 

工事の様子をご紹介致しますsign01

以前ご紹介した『タイルが貼られた外壁』

 

IMG_1213.jpg

その時の現場日記はコチラ

 

タイルを貼った後、

その上から『モルタル』を塗って目地を埋めていました(・o・)!!!

 

IMG_1413.jpg

 

下半分のタイルが黒くなっているのは、モルタルを埋めているからですflair

タイルの表面についているモルタルは、

モルタルがある程度固まった時に、拭き取る作業を行いますeyesign01

 

 

そして、『目地埋め作業』を終えると、『コーキング』を埋めていきます。

青いテープの間に入れてあるグレーのモノが『コーキング』ですflair

 

IMG_1432.jpg

 

この『コーキング』の役目は、

材料によっては、

気温や湿気などによって膨張したり、収縮するなどの穏やかな動きがあります。

その中で、硬い外壁を一面に隙間なく貼ってしまうと、

タイルがぶつかり合い、歪んだり、ヒビが入ってしまう可能性もあります

それを防ぐ為に、

ゴム状のコーキングを、ところどころに挟んでいるのです!!!

 

もう一つは、

外壁や窓のサッシのつなぎ目に「コーキング」をすることで、

建物に水が浸水するのを防止し、

建物全体の防水性能を高める役割をしています(@^^)/☆

 

 

今回の現場日記はここまでデースッ(●^o^●)

 

8 - コピー.jpg

2018年5月現在完成予想パース

 

朝日建設HP

イベント・見学会情報

着工中・着工準備中物件一覧

お問い合わせ


朝日建設の公式Facebookページ

twitterでフォローしてください!