☆完成したら見えない部分を覗き見!2階立上がりコン打設

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

まもなく桜が開花しますね!!

お花見したいなぁ・・・cherryblossom

 

さて、それでは現場の様子をご紹介致します(・_・  )ゞ

 

IMG_2106.JPG

 

前回、躯体の建込みの様子をご紹介致しました当現場。

3階スラブの配筋が完了し、先日2階立上りのコンクリート打設が行われました!!

 

IMG_2122.JPG

 

こちら鉄筋の上に敷かれておりますのはメッシュロードというものになります。

メッシュロードを使用することにより、スラブ配筋の結束線の切断防止

鉄筋の押し曲げを防ぎます。また滑りにくい構造のため、

打設作の際にスラブ鉄筋上での作業の安全が保たれますflair

 

そして打設です!!

 

IMG_2107.JPG

 

これまで同様多くの職人さんが協力し合い、

打設作業が進められていきます!

 

IMG_2110.JPG

 

既定の厚みのコンクリートが打設されて部分から

トンボににて均しを行っております。

 

IMG_2109.JPG

 

打設完了( ̄へ ̄)ゞ

 

IMG_2108.JPG

 

これにて2階が立上がりましたので、次回より3階躯体工事に入ります。

それでは今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

保土ヶ谷区今井町新築工事(K)正面web.jpg

2019年10月完成予定

 

地上7階建
1DK 14世帯
1LDK 7世帯
2LDK 13世帯

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!2階躯体工事

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

春の安定しないお天気が続いていますね。

みなさま体調はいかがでしょうか。

私はボーーーーっとしてしまい、

電車で行きも帰りも1駅ずつ過ぎてしまいました・・・

ダサい・・・(´_ゝ`)

事故など起こさないよう、気を付けたいとおもいます。

 

それでは現場の様子をご紹介致します(・_・  )ゞ

 

IMG_1905.JPG

 

前回、1階が立上がりました当現場。

現在2階の躯体工事を行っております!

 

IMG_1914.JPG

 

こちらの壁に立込まれた白いボードeye

 

IMG_1906.JPG

 

こちらの白いボードはスタットボードというものになりますflair

型枠材としてだけでなく、断熱材としての役割も担いますので、

施工中の廃材が削減されるため、環境に優しいほか

工事作業の短縮、またコストダウンにもなり

住まわれる方も、オーナー様も、環境にも良い断熱兼型枠材となっています!

 

dannetu-k.gif

 

立込む際は、外壁側となるコンパネには1階躯体工事同様ピーコンを装着。

セパレーターを取り付け、その先に断熱パットと呼ばれる

スタットボード専用のピーコンの役割を果たすものを取り付けます。

 

IMG_1912.JPG

 

上の写真では見えにくいですね(´_ゝ`)

こちらが断熱パットです。

 

IMG_1910.JPG

 

そして断熱パットのネジ部分をスタットボードに貫通させ、

これまでと同じようにネジ部分にフォームタイを装着します。

 

IMG_1909.JPG

 

そしてここに単管パイプを固定、ホールドします!

 

このようにして、スタットボードを立込み、

居住空間をまるで魔法瓶のような空間に作り上げていきます!!

それでは、今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

保土ヶ谷区今井町新築工事(K)正面web.jpg

2019年10月完成予定

 

地上7階建
1DK 14世帯
1LDK 7世帯
2LDK 13世帯

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!1階立上がりコン打設

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

昨日はとても暖かくなりましたねsun

その影響からか、花粉の気配が・・・('∀';)

当現場の監督は花粉症がひどいそうで、

本日現場に花粉症対策用メガネとマスクで完全防備しておりました。。。

お大事に。。。

 

さて、それでは現場の様子をご紹介致します(・_・  )ゞ

 

IMG_1540.JPG

 

1階躯体の配筋、型枠の立込みが完了し、

本日、1階立上りコン打設が行われました!!

 

IMG_1542.JPG

 

現場に入ると、基礎コン打設の際にご紹介しました

生コン車ポンプ車が稼働しておりました!!

 

IMG_1555.JPG

 

足場を上がると壁にコンクリートを流している最中でした!!

(中央の職人さんがさりげなくピースをしてくださいました(*'▽')♪)

 

IMG_1564.JPG

 

こちらの職人さんが手にしているものは

コンクリートバイブレーターというものです。

 

IMG_1135.JPG

 

コンクリートバイブレーターで鉄筋やコンクリートに振動を与え、

型枠の間に流し込んだコンクリートの中の空気を抜き、

コンクリートの密度を高めていますflair

 

また、振動だけではなく、人の耳でも密度の確認もしておりますflair

 

それがこちら。

 

IMG_1548.JPG

 

叩いてます。

 

IMG_1558.JPG

 

こちらでも。

 

手にしているのは、木槌になります。

 

IMG_1554.JPG

 

型枠を叩くことで内部にコンクリートが行きわたっているかを

音で確かめておりますflair

 

こうして、中からも外からも振動を与え、密度の高い躯体を仕上げております!!

 

それでは、今回の現場日記は以上です(・_・  )ゞ

 

sun完成予想パースsun

 

保土ヶ谷区今井町新築工事(K)正面web.jpg

2019年9月完成予定

 

地上7階建
1DK 14世帯
1LDK 7世帯
2LDK 13世帯

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆鉄筋コンクリート造(RC造)賃貸マンションとは

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

今にも雨が降り出しそうな淵野辺。

明日は20℃近くまで気温が上がるとか・・・('∀';)

いよいよ春がやってくるのですねcherryblossom

 

さてそれでは、本日は鉄筋コンクリート造RC造)」について

ご紹介したいと思います!!

 

鉄筋コンクリート造は、鉄筋を組み、型枠にコンクリートを流し込み、

基礎と建物を一体化してつくりあげますflair

RC造とは、Reinforced=鉄筋Concrete=コンクリート

頭文字を取ったものです。

 

圧縮に強いコンクリートと、引っ張りに強い鉄筋の両方の長所を生かした

堅牢な造りとなっておりますflair

 

圧縮-引張.jpg

 

強度や精度はほとんど変化することなく、

数十年から100年以上もの長期間、安定した性能を維持し続けますflair

 

rc-nani_p.jpg

 

RC造は特に、1,地震 2,火災 3,遮音性に力を発揮しますflair

 

1,地震

 

taisin.gif

釘や金物を使った“繋ぎ目”が無い完全一体化であるため

優れた耐震性と耐風性を発揮します。

壁式鉄筋コンクリート造では阪神淡路大震災において、一軒も被害が発生していません。

 

2,火災

 

taika-i.gif

鉄筋コンクリートは、躯体の主構造部そのものが不燃材料です。

建築基準法の構造区分では、

最も火災に強いとされる「耐火構造」に区分されています

 

3,遮音性

 

souon2.jpg

音は、単位面積当たりの比率が大きい材料ほど遮音性が高い

という性質があります。

木や鉄骨の材料と比較して抜群の性能を示す鉄筋コンクリート造は、

それだけで遮音性に優れているといえます。

 

鉄筋コンクリート造の法定耐用年数は47年と最も長い年数に指定されています。

鉄筋コンクリート造は基本性能が優れているため、

メンテナンスも少なくて済みますので世代にわたって住み続けることはもちろん

コストの面から考えてもとても経済的な住宅になりますflair

 

それでは、今回の現場日記は以上になります(・_・  )ゞ

次回は工事の様子をお伝えします!!

 


 

sun完成予想パースsun

 

保土ヶ谷区今井町新築工事(K)正面web.jpg

2019年9月完成予定

 

地上7階建
1DK 14世帯
1LDK 7世帯
2LDK 13世帯

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

☆完成したら見えない部分を覗き見!1階躯体工事

みなさま、こんにちは(^∇^*)/

 

1月も今日で最後ですね!

ちなみに1月31日は愛妻家の日だそうですheart02

せっかくですので旦那様は今日は早く帰って日々の感謝を

伝えてみてはいかがでしょうか( *´艸`)

 

さて、それでは現在の現場の様子をご紹介致します(・_・  )ゞ

 

IMG_1151.JPG

 

基礎工事が完了致しました当現場。

現在、1階躯体工事を行っております!!

 

IMG_1179.JPG

 

この太い鉄筋は、杭から圧接を繰り返し最上階まで伸びて行く柱筋ですflair

圧接部分はこのようにコブができます。

 

IMG_1163.JPG

 

鈴カステラのような形です。笑

この丸みには、縦横両方に既定の太さが定められていますflair

 

P1000866.JPG

 

こちら別現場の写真ですが、このような部分的にカットしたテストピースを

試験場に持ち込み、引っ張り試験というものを行って十分な強度があるかを確かめます。

試験の際に圧接面以外で鉄筋が切断されると合格となりますflair

 

IMG_1164.JPG

 

周りの細い鉄筋はフープ筋と呼ばれ、柱筋の補強を担っておりますflair

 

IMG_1171.JPG

 

こちらは壁の配筋です。

この鉄筋に取り付けられた車輪状のものはスペーサーというもので、

コンクリート打設を行う際に鉄筋がずれてしまうのを防ぐとともに、

鉄筋周りのコンクリートのかぶり厚さを一定に保つ役割を担ってますflair

 

こちらの円形の物はその形からドーナツ型スペーサーと呼ばれているんですよっ☆

それでは、今回の現場日記は以上になります(・_・  )ゞ

 


 

sun完成予想パースsun

 

保土ヶ谷区今井町新築工事(K)正面web.jpg

2019年9月完成予定

 

地上7階建
1DK 14世帯
1LDK 7世帯
2LDK 13世帯

 


 

朝日建設の見学会情報

賃貸経営をご検討の方へ

注文住宅建設をお考えの方

  >