☆外側の型枠コンクリートパネル

みなさま、こんにちは

 

暖かくなってきました。

そろそろ桜が咲いてくるころだと思います(*´▽`*)

今年はいつ頃が見ごろなのでしょうか。。。

 

 

工事の様子をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、『1階の外側の型枠の建込工事』です。

 

大倉山3丁目マンションの構造は『鉄筋コンクリート造』です。

建込工事とは、

壁になるコンクリートを流し込むための型枠を設置していく作業の事ですflair

 

IMG_1422.JPG

 

IMG_1420.JPG

 

この黄色い板が『コンクリートパネル』と呼ばれる型枠です。

コンクリートパネルが使われるのは外側のみッsign01

内側(部屋側)は『スタットボード』と呼ばれる、

「断熱材」と「型枠」、2つの役目を果たすモノが使われます( ゚Д゚)flair

 

2種類ある型枠材ですが、

今回は、コンパネ(=コンクリートパネル)周りの様子についてのご紹介です。

 

コンパネの内側には、白いモノがついております(._.)

 

IMG_1421.JPG

 

この白いモノは『Pコン(=プラスチックコーン)』と呼ばれているモノです。

Pコンの真ん中の穴に「セパレーター」と呼ばれる鉄筋が差し込まれます。

その、セパレーターを設置するためのPコンです。

セパレーターについては登場してから詳しくご紹介いたします(*ノωノ)

 

 

コンパネ裏側(反対側)を見てみると、、、

 

IMG_1426.JPG

 

変な形の金具がついております。

この変な形の金具は『フォームタイ』と呼ばれているモノです。

 

このフォームタイはコンパネとフォームタイの間に、

単管を挟んできつく締め付ける事で、

コンクリートを打設したときに、

コンクリートの圧力で、コンパネが崩れないようにするために設置していますshine

 

IMG_1425.JPG

 

以上!

コンパネ周りのご紹介でしたぁ(*´▽`*)

 

IMG_1419.JPG

 

IMG_1427.JPG

 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

賃貸経営をお考えの方へ

注文住宅HP

問い合わせについて

 

☆大倉山3丁目マンションの主な仕様

みなさま、こんにちは

 

天気が良い日となりました。

もちろん、私は花粉に苦しめられております・・・

外に出るのが怖いです(=_=)笑

みなさまは、大丈夫ですか????

 

86花粉症.jpg

 

 

今回はの現場日記では、

『(仮称)大倉山3丁目マンションの仕様』についてご紹介していきたいと思います(^^)/

 

【モニター付きオートロック】

モニター付きおーろとろ億.png

 

エントランスのインターホンをならすと、

部屋の中でモニター越しに誰が来たか確認できます。

 

【宅配ボックス】

0406-西大口ms2-01-14.JPG

 

留守中でも、

宅急便屋さんが宅配ボックスへ入れてくれるので、

再配達を頼まなくて良くなります。

 

【二重サッシ】

IMG_2587.JPG

 

サッシが二重になっているため、

結露がしにくく、防音対策にもなります。

 

【浴室乾燥】

DSC07609.JPG

 

浴室を乾燥するだけではなく、

天気が悪いときや、花粉が気になるこの時期も衣類を乾燥してくれます。

 

【温水洗浄便座】

トイレ.JPG

 

【エアコン】

IMG_2978.JPG

 

 

主な仕様の一部をご紹介いたしました。

3月12日現在の仕様なので、

完成までに変わる可能性もあります。ご了承くださいm(__)m

 

住みやすい賃貸マンションになりそうですねhappy01shine

 

入居についてのお問合せは、

【連カンパニー TEL:044-750-0088】にお問合せください(*´▽`*)

 

※完成予想パース(2019/3現在)

HP.jpg

 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

賃貸経営をお考えの方へ

注文住宅HP

問い合わせについて

☆コンクリートの中身は?(1階スラブコン打設)

みなさま、こんにちは

 

雨が降っております。

この時期の雨は、私の中でうれしい事の一つでもありますrain

なぜなら、「花粉が舞い散らないから!!!」です(*‘∀‘)

雨が降って、うれしいのはこの時期くらいだと・・・

 

 

では、現場の様子をご紹介いたします('ω')ノ

コンクリート打設を行っておりますdanger

 

2019-02-27 10.50.26-1.jpg

 

今回打設している場所は、【1階スラブ(床)】です。

 

2019-02-27 11.29.56.jpg

 

P2270012.JPG

 

表面を綺麗にして、打設終了ですshine

 

P2270019.JPG

 

P2270020.JPG

 

1階のスラブコン打設を、ババッ!!と御覧いただきましたが、

コンクリートは何で出来ているかご存知ですか('Д')?

 

主に、『水』『セメント』『砂』『砂利』が配合されておりますhappy01

 

工事003.jpg

 

上の図に『モルタル』と書かれていますが、

モルタルとは、「タイルを張り付けるときの接着材」や「表面を綺麗にするための仕上げ」など、

様々なところで使われております(*´▽`*)

仕上げ工事で登場してくると思いますので、その時にご紹介しますnote

 

 

このように、色んなモノが混ざったコンクリート。

 

そのコンクリートを現場に運んでくる『ミキサー車』は、

クルクルと回転させながら、現場まで運んできます。

 

その理由は、

クルクルと回転していないと、

コンクリートが「運んでいる間に分離してしまわなまうから」です。

比重が重い砂利などは下に、

比重が軽い水などが上に、、、、

 

それを防ぐために、打設場所まではクルクルと回転して移動しているのですtyphoon

 

IMG_1122.JPG

 

今回の現場日記は、コンクリートについてご紹介いたしましたhappy01shine

次回もお楽しみにッ!

 

※完成予想パース(2019/3現在)

HP.jpg

 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

賃貸経営をお考えの方へ

注文住宅HP

問い合わせについて

☆基礎工事から躯体工事へ(1階スラブ配筋)

みなさま、こんにちは

 

だいぶ気温が上がってきました('ω')

気温的には、少しは過ごしやすくなってきましたね。

が、しかし・・・・

それに伴って、花粉の季節ですshock

なるべく早く対策をして、つらい春を乗り越えましょう(-ω-)/

 

 

現場の様子をご紹介いたします。

前回の工事後、ピットコン打設が行われました。

 

コチラ、

生コンを打設場所へと圧送する「ポンプ車」と生コンを運んでくる「ミキサー車」です(*‘∀‘)

 

IMG_1121.JPG

 

IMG_1124.JPG

 

そして現在の工事は、1階スラブ配筋工事を行っていました('ω')ノ

 

IMG_1278.JPG

 

青い部分は、断熱材の【スタイロフォーム】です。

 

配筋しているところをアップsearcheye

 

IMG_1275.JPG

 

上下に二重になって配筋してあるのがお分かりいただけるでしょうか(^^)

これを【ダブル配筋】と呼んでいます。

「そのまんまじゃん!」と思うかもしれませんが、

これがなかなか重要で、

ダブル配筋にすることによって、

『コンクリートの厚みが厚くなるので、強度が増す』建物になるのですsign03

 

さらに、鉄筋の下に置かれている2つの器具。

 

IMG_1275 - コピー.JPG

 

これは、スラブ用の【スペーサー】です。

スタイロフォームと、鉄筋までの距離が一定になるように設置されていますdanger

 

配筋、配管などの次の工程は【コンクリート打設】ですsoon

 

IMG_1272.JPG

 

 

 

最後に現場近くの気になるところ!!!!

コチラ(*'▽')

 

IMG_1284.JPG

 

IMG_1283.JPG

 

この建物の中に「フクロウカフェ・大倉山ふくろう神社」があるそうですchick

是非一度行ってみたいです( *´艸`)

 

フクロウ繋がりでご紹介するのですが、

もうすぐで完成・お引渡しを終える現場【(仮称)原町田1丁目マンション】の

近くにも【フクロウカフェ】があります。

 

IMG_0681 - コピー.JPG

(窓からたくさんのフクロウがコッチを見ていますeyeeyeeyeeyeeyeeyeeye

 

是非、現場日記も見てみてください(*'▽')

 

 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

賃貸経営をお考えの方へ

注文住宅HP

問い合わせについて

☆建物の土台のコンクリート打設

みなさま、こんにちは

 

昨日までがとっても寒かったせいか、

今日はさほど寒く感じなかったですsnow

もちろん、寒かったですけど((+_+))

金曜日にまた天気が崩れるみたいなので、

なるべく外に出る用事を入れないようにしたいと思います。笑

 

75凍える.jpg

 

 

では、工事の様子をご紹介いたします。

基礎配筋を行って、その両サイドに型枠を建て込みました(._.)

 

P2080239.jpg

→基礎配筋の様子を見る

 

そして、

型枠と型枠の間にコンクリートを流し込んでいきますッ!!!

 

P2080248.jpg

 

P2080249.jpg

 

P2080255.jpg

 

P2080261.jpg

 

コンクリートを流し込んでいるホースは、ポンプ車につながっていますdash

 

P2080246.JPG

 

ポンプ車の力で、生コンを圧送しているのですsign01

生コンは、

荷台がくるくると回転している車、ミキサー車が運んできます。

 

P2080247.JPG

 

全て打設を終えれば、基礎コン打設が終わりですend

 

P2080263.jpg

 

この【基礎配筋・基礎コン打設】を行った部分は、

建物の基礎「土台」となる重要な部分ですdanger

 

以上!

基礎コン打設の様子をご紹介致しました(^^)/shine

 

この地下空間は、

「電気」「水」「排水」「ガス」などの管を通す【ピット】と呼ばれる部分になりますsign01

もし、ピットにしない場合は、

【埋め戻し】と呼ばれる『根伐り工事などで掘削した土を戻す』作業を行います。

 

 

※完成予想パース

HP.jpg

 

 

朝日建設HP

着工中・着工準備中物件一覧

イベント・見学会情報

賃貸経営をお考えの方へ

注文住宅HP

問い合わせについて

 
  >